ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

f0340155_22293976.jpg
お昼はカープソースを使ったお好み焼き
f0340155_19220948.jpg
f0340155_22295939.jpg

f0340155_21324221.jpg
山陽本線が走る線路を潜りぬけ
f0340155_22263958.jpg
北側は山の斜面に寺、古い家並みが上へと続いています。
f0340155_22264503.jpg

宝土寺・境内では若者のフリーマーケットで大賑わい
f0340155_22265595.jpg
雰囲気にのまれ、何か好い物がないかしら
ひと回り
f0340155_22270164.jpg
若い世代に伝承するベッチャー祭り太鼓の練習中
f0340155_22315588.jpg
今日は西側から坂道と石段の路地へと入っていきます。
f0340155_22270979.jpg
まるで映写機の様に白壁に映す影
f0340155_22320972.jpg
長く迷路の様に続く坂道も
足元を見れば素敵な石畳にひと葉
気持ちよく歩けます。
f0340155_22321752.jpg
昔、文人、墨客が愛した街
f0340155_22271878.jpg
志賀直哉の旧家跡より
港町を望む
ここは「文学のこみち」
f0340155_22272637.jpg
さて話は
24日 循環器内科 精密検査日に戻ります。

f0340155_22273410.jpg
問診、血圧測定、レントゲン、心電図を終え
12時から3時20分まで休憩です。
その間に114まで上がった脈拍数を
普段に近い数値まで戻さなくては。
f0340155_22275054.jpg
院内に新しくできたドトールコーヒー店
席数の多い空間からガラスドアで区切られた中庭が設けられていました。
3テーブルとこじんまりとしています。
今の私にはうってつけ。
外の空気に触れ深呼吸、手足を軽くストレッチ

f0340155_22280331.jpg
頭から心配事を遠ざけるには
なるべく他のことを巡らす事、それには・・・・・
f0340155_22290396.jpg
そんな時、老齢の方がこちらへ入って来ようとしていたと思うと
直ぐ引き返しガラスドアから見えなくなりました。
f0340155_21315691.jpg
それと同時に40代後半位のハイセンスな女性2人が
慌ただしく入って来たかと思うと
開いたドア越しに語尾を荒げながら
「どうぞ、替わりますから」「どうぞ!どうぞ!」
と言いながら出て行きました。
f0340155_21320647.jpg
見えなくなった老齢の方と
50代の娘さんでしょうか?
入れ替わる様に入ってきました。

f0340155_21321401.jpg
私「あらっ、今の方達とご一緒では無かったのですか」と尋ねてみました。
f0340155_21322201.jpg
その方曰く「90歳もの年寄りを押しのけてまで
席を横取りしようとする・・・・・」

f0340155_21323056.jpg
隣席からその父、娘の会話が聞こえてきます。
優しい言葉かけの娘さん。

20数年前
私は父の診察付き添いで訪れたこちらの病院
あの頃を思い出すと・・・
この娘さんのような心遣いが出来ていたのだろうかと思うひとコマでした。

f0340155_14252060.jpg
偶然忘れさせてくれたのは人間ウオッチングでした。
f0340155_21314665.jpg


[PR]
# by cyaa9090 | 2014-10-28 14:47 | ドライブ | Comments(17)

f0340155_19161674.jpg
10月19日 尾道の海岸通りを歩き

f0340155_19162956.jpg
尾道から幅 200~300m程の尾道水道を渡り向島へ
f0340155_19164085.jpg
渡船で所要時間たったの5分弱 大人100円
               
f0340155_19212396.jpg
向島ロケ地
f0340155_19172208.jpg
毎回本土側から直ぐにでも行けそうな向島を眺めるだけでしたが
今日は降り立ちました。
f0340155_19173247.jpg
小さな公園の前にマユミが赤くぶら下がっていました。
f0340155_19174032.jpg
土塀には蔦が色づき始めています。
f0340155_19175893.jpg
向島ドッグがある島は
大きな機械工作所が見られます。

f0340155_19181105.jpg
向島から尾道を眺めています。
f0340155_19182558.jpg
尾道のシンボル三重塔『天寧寺』
千光寺が見えます。


f0340155_19184649.jpg
ロープウェイが昇って行くのが見えます。
f0340155_19183465.jpg
港ではサヨリを釣っていましたが
目で確認できるほど海面近くに群れを成しているのが見えます。


f0340155_19190332.jpg
渡船待合所の前で咲いていたハイビスカス
f0340155_19191136.jpg
f0340155_19192190.jpg
向島の散策には車で渡るべきでした。
早々に切り上げ尾道に向け渡船の中です。
f0340155_19193305.jpg
本土に着くと一番に目についた瓶が並ぶお店

f0340155_19194374.jpg
海岸線に沿って尾道駅から尾道本通りを抜けます。
f0340155_19205840.jpg
24日の出来事ひとつ


f0340155_19195311.jpg
10月14日白内障手術前の検査
検査全てが問題なければ手術に向けて
説明を受けたように行動をすれば順調に進んでいくはずでした。
f0340155_19203195.jpg
22日
眼科から手術許可の電話連絡と思いきや
「循環器内科で精密検査をしてください」との事でした。
f0340155_19211641.jpg
小心者の私
心臓の鼓動は半鐘の様に速く打っているのが自分でも分かります。
普段はほぼ 最高血圧113 最低血圧72 脈拍数78
どちらかと言えば低い方なのです。
電話を切って測ると最高血圧132 最低血圧 88 脈拍数103


f0340155_19224450.jpg
14日に受けた心電図の結果が悪かったとしか思えません。
そんな不安を抱えながら、22日、23日 24日当日まで
考えることは悪い事ばかり
f0340155_19213232.jpg
24日 予約時間11時30分まで循環器内科の受け付け
問診を終えると 
血圧測定 最高血圧143 最低血圧88 脈拍数114
頭から心配が抜けない限り
何度計測しても一向に普段の数値にはなりません。
f0340155_19213857.jpg
レントゲン
心電図を済ませて食事


15時30分 心エコー
16時 トレッドミル(運動をしながら行う心電図検査)
16時30分~17時 4診でその日の内に結果報告
予定表を渡されました。

f0340155_19214827.jpg


私の前にトレッドミル検査を受けて出られた若い女性の次は
眼科より入れてもらった予約で外来受診は私が最後
私の20分のトレッドミル検査中に
若い女性の結果報告を終えたのでしょう。
4診のDrが立ち会ってくれました。
f0340155_19215559.jpg
トレッドミル検査を終えると
Drは心エコーも問題なかったし
トレッドミルも問題ありません。
元気な心臓です。
f0340155_19230096.jpg
「麻酔を使用する手術には
心臓に異常があると思わぬ事故に繋がりかねませんから」と
眼科医に太鼓判を押しておきます。\(-o-)/
そんなこんなの1日でした。
血圧、脈拍数とも普段にもどりました。 

f0340155_19231002.jpg



[PR]
# by cyaa9090 | 2014-10-25 22:01 | ドライブ | Comments(16)

f0340155_19045096.jpg
江戸時代、阿智神社の祭礼は別名「屏風祭」とも呼ばれていましたが
その行事は自然廃れていきました。
地元の方々の熱意で再現され早や13回目になりました。
f0340155_19213285.jpg

旧家に伝わる屏風が家々の軒先でお披露目されます。

f0340155_19041545.jpg
f0340155_19043355.jpg
f0340155_19043714.jpg
商店街を生け花で飾られ
出迎えられます。

f0340155_19042166.jpg
f0340155_20585928.jpg

f0340155_19042689.jpg
.
倉敷ガラスが私を虜にしてしまいますが
高価なので見るだけ、写すだけ。

f0340155_19044384.jpg
大正時代施工のルネサンス風建物
現役の銀行です。

f0340155_19045862.jpg
f0340155_19050450.jpg
f0340155_19051697.jpg
f0340155_19495424.jpg

f0340155_19074672.jpg
すいんきょの爺、婆は見物客の頭を叩いて歩きます。
f0340155_19052535.jpg
f0340155_21321714.jpg

f0340155_19055496.jpg


f0340155_19060494.jpg
倉敷川沿いの美観地区にでました。
f0340155_19075297.jpg
f0340155_19061352.jpg
柳の緑と空の青を映して
小舟は進みます。

f0340155_19062298.jpg
f0340155_19063199.jpg
f0340155_19064137.jpg
f0340155_19081163.jpg

f0340155_19064877.jpg
少しずつ色付き始めた葉
f0340155_20042739.jpg
倉敷川に垂れ下がる様に咲く萩と
白い羽が1枚浮いています。

f0340155_19065609.jpg
f0340155_19081780.jpg
f0340155_20130565.jpg
大原美術館
f0340155_19070481.jpg

[PR]
# by cyaa9090 | 2014-10-22 20:33 | 近場散策 | Comments(20)

ニャニャ子

f0340155_19482275.jpg
朝の柔らかい日差しは少しずつ角度を変えて
部屋の中まで入ってくる季節
それに合わせるようにニャニャ子もそろそろ日向がいいようです。

f0340155_19482835.jpg
黒色と日差しが対照的でカメラを向けてみました。
これでは猫の顔が見えません。

f0340155_19483888.jpg

設定を変えて
男性的な凛々しさを見てください。

f0340155_20282366.jpg



[PR]
# by cyaa9090 | 2014-10-18 20:30 | ニャニャ子 | Comments(17)
f0340155_19435972.jpg
10月6日行きつけの眼科医より総合病院を紹介してもらい
14日受診が決まり白内障手術に向けて
ベルトコンベアーは動きだしました。
f0340155_19440589.jpg
娘は私に変わり日々「怖いよう、気分が悪くなりそう」
と私の胆の内と同じことを言ってくれるのです。
それを聞く度に不思議と気分が楽になれるのです。

f0340155_19461464.jpg
(赤米の赤い穂も黄金色に、そろそろ刈り入れ時です)

14日 予約時間に十分間に合うように8時30分我が家を出ました。
f0340155_19444205.jpg
広い院内その都度、受診先を案内図で説明を受け
矢印表示を頼りに探すのも一苦労
f0340155_19445014.jpg
問診、視力検査
11時 散瞳 「散瞳後は4~5時間車に乗ってはいけません」
と警告されます。

f0340155_19462581.jpg
ケラト(目の表面の形]・眼軸(目の長さ)
スペキュラー(角膜の細胞の数)・涙洗(涙腺がつまっていないか検査)

f0340155_19445570.jpg
とっくに昼は過ぎ
14時30分
「昼食は採血するまで我慢してください」と

f0340155_19450278.jpg
術前の採血では感染症の検査
肝炎ウイルス、HIV(エイズ)、梅毒
を同意のもとに行います。

f0340155_19462068.jpg
15時採血
f0340155_19450706.jpg
心電図を受ける前に
昼食で一呼吸して、少しでも白衣現象を落ち着かせる事にします。

f0340155_19451455.jpg
院内のレストランは倉敷国際ホテルが入っています。

f0340155_19452317.jpg
心電図が終わると15時30分
会計を済ませると
f0340155_19453190.jpg

 散瞳後、既に4~5時間経過しているではないですか。
帰宅すると16時過ぎ
只今、入院待ちです。

f0340155_19463198.jpg

[PR]
# by cyaa9090 | 2014-10-16 21:22 | 白内障 | Comments(23)

旅そして散策


by cyaa9090