ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

<   2015年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

11月16日 鰐淵寺




f0340155_12574893.jpg

寝る前の確認で気付いた夫の小さなミス
明日一番にフロントでお願いすることにして寝ました。

f0340155_12232529.jpg

小さなミス
手持ちのプレミアム宿泊券2枚を出せば、追加料金5000円現金の支出は無かったのですが
プレミアム宿泊券1枚しか出していなかったのです。


f0340155_12190624.jpg

フロントは日付が変わると訂正は出来ないとの返事

使用期限 1月31日と差し迫っているので
うっかりミスで手元に残ってしまった5000円分の宿泊券を使い切る為
再び島根を訪れる破目になってしまいました。。

f0340155_12291278.jpg

朝食を終え、ミスを引きずりながらチェックアウトをすると
紅葉を求めて鰐淵寺へ向かいます。
仁王門をくぐると


f0340155_12193888.jpg

鰐淵寺では紅葉祭りの期間でしたが
鰐淵川沿いのモミジは見ごろを過ぎていました。


f0340155_12194466.jpg

長い石段に散り積もったモミジ


f0340155_12191237.jpg





f0340155_12195871.jpg

標高456m

f0340155_12290476.jpg

中国観音寺霊場第25番札所

f0340155_12292432.jpg
ここ等あたりはこれから色付くようです。

鰐淵寺の紅葉は低い方から高い方へと進んでいくのが特徴です。
f0340155_12205189.jpg




f0340155_12204270.jpg
f0340155_12194964.jpg
f0340155_12203454.jpg
f0340155_12202375.jpg

地元小学生の写生授業


f0340155_12200657.jpg
長い石段を下りながら
f0340155_12230597.jpg
パチリ



f0340155_12230040.jpg
f0340155_12210462.jpg

石垣の苔を入れてモミジを仰ぎ見ます。

f0340155_12231659.jpg
鰐淵寺を下りると
大イチョウの下紅葉が美しいです。
f0340155_12211112.jpg
右に行くと急に静かな空間に入ったかのようです。


f0340155_12212965.jpg
歩いて8分の立看板を見て
弁慶が修行をしたとされた浮浪の滝へ向かいます。


f0340155_12213839.jpg

前を歩く人も無く、何処にあるのか分からない浮浪の滝に向け
足を取られながら、尻餅をつきながらどれ程登ったでしょうか。

既に8分は過ぎています。




f0340155_12214854.jpg
前日の雨で足元は滑りやすく、ぬかるんでいます。
トレッキングシューズを履いてきて正解でした。




f0340155_12220887.jpg


ずっと後方から声が追いかけてきているのに気付き振り向くと
若いカップル
足元に目をやると女性はお洒落なブーツで登っています。


あの場所のぬかるみで、きっと根を上げ引き返すと
安易に思っていた私でしたが



f0340155_12220069.jpg
みるみる
私達からの距離を縮めてきます。

f0340155_12221580.jpg
                   岩壁に建造された蔵王堂、浮浪の滝へ到着と同時に
                      東京からと言うお洒落なカップルも到着

f0340155_20323105.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-30 21:33 | | Comments(14)
f0340155_11463288.jpg
(2013年撮影)



2013年 出雲大社『平成の大遷宮』以来
今回で2度目の参拝です。






自家用車が今の様に普及していない頃は


f0340155_10131320.jpg
(2011年撮影)


旧大社駅 大社線 (平成2年廃止)

f0340155_10133195.jpg
(2011年撮影)

 出雲大社前下車 一畑電鉄を利用して参拝する方が多く
f0340155_14205049.jpg

一の鳥居「宇迦橋の大鳥居」から神門通りは参拝者で賑わいを見せていましたが
自家用車の普及と共に
神門通りに軒を並べるお土産店は寂れていきました。


f0340155_14223124.jpg
『平成の大遷宮』を前に駐車場を設け
道路拡幅により立ち退かれた跡地に出雲名物のお土産店など『ご縁横丁』がオープン
パワースポットや縁結びに訪れる女子に好まれるような土産店や雑貨店がリニューアルオープン
神門通りは見違えるほど賑わいを見せています。


f0340155_10360264.jpg

出雲大社の正しい参拝順路は、一の鳥居「宇迦橋の大鳥居」[コンクリート製)から始まり
勢溜の正面鳥居(木製)をくぐると


f0340155_14224201.jpg

出雲大社特徴の下り参道を抜け
松並木の参道の鳥居(鉄製)
拝殿前の銅鳥居(銅製)と4つの鳥居をくぐり



f0340155_23031257.jpg
本殿へ
f0340155_14224759.jpg
                               拝殿

f0340155_14225264.jpg
神楽殿

f0340155_14225708.jpg

f0340155_14205809.jpg
昼食は『割子そばとぜんざい』

f0340155_14232323.jpg
日本海
渚百選 
出雲神話に登場する『稲佐の浜』

f0340155_14231503.jpg
               『弁天島』
f0340155_14233130.jpg
f0340155_14234080.jpg

駆け足ながらも寄り道は続き
f0340155_14211702.jpg
出雲ドーム
f0340155_14212422.jpg
f0340155_14213662.jpg





f0340155_14214252.jpg

日本最大の木造建築です。

f0340155_14235129.jpg



f0340155_14240565.jpg
f0340155_14241687.jpg
f0340155_14242546.jpg
f0340155_14211106.jpg

島根ワイナリー試飲コーナーへ

f0340155_14214909.jpg

今日の宿はJR西日本 出雲市駅前
東横イン




f0340155_14243283.jpg

『ご縁の国しまね』プレミアム宿泊券5000×2を半額で購入を
使います。


f0340155_14285076.jpg

チェックインの時
夫の間違いに気付くこともなく、言われるまま
追加金額5000円を現金で手渡しました。
その間違いは、寝る前の確認で気付くことになるのです(^_^;)


f0340155_14295869.jpg
それはさておき

周辺に見どころもあるようなので散策します。

f0340155_15242684.jpg
f0340155_15234735.jpg

f0340155_14301004.jpg
高瀬川沿いの古い町並み

f0340155_14371690.jpg
東横インチェック時に
プレミアム宿泊券利用者に優遇される
旅行者向け商品券1枚頂きました。

観光案内所で貰ったパンフレットを見せるとビール1杯無料

f0340155_14245613.jpg
今日は外食
おまかせ料理A 3500円を注文

f0340155_14372478.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-29 11:28 | | Comments(10)



f0340155_11363162.jpg

旅の寄り道は続いて行きます。

f0340155_11370997.jpg

               ここは出雲市佐田町


f0340155_11375710.jpg


          須佐之男命(すさのおのみこと)を祀る『須佐神社』


f0340155_11375110.jpg

                   出雲大社と同じ大社造りです。


f0340155_11364666.jpg

樹齢1300年と言われる大杉

パワースポットとしても有名です。

f0340155_21382881.jpg

16日に立ち寄る出雲神話に登場する『稲佐の浜』と繋がっていると言う『塩井』は
潮の満ち引きで水位が変わると言われています。


f0340155_11362525.jpg

今日は七五三祝いも見られました。


f0340155_11380899.jpg
f0340155_11432184.jpg
f0340155_11431163.jpg

                 切り立った崖と紅葉を求めて『立久恵峡』

f0340155_11383178.jpg


神戸川の清流に沿って見られる集塊岩の渓谷は
浸食や風化によってできたものです。




f0340155_11381472.jpg

神戸川に架かる吊り橋『浮嵐橋』周辺を散策してみます。

f0340155_11381975.jpg
f0340155_11395744.jpg




f0340155_11384044.jpg


f0340155_11385570.jpg



f0340155_11402889.jpg




f0340155_11404045.jpg

鮎釣りの光景も見られるます。


f0340155_11390370.jpg




f0340155_11401418.jpg
f0340155_11402056.jpg
f0340155_11384766.jpg
渓谷をぐるり回り
直ぐ上を走る国道へ出て次に向かいます。


f0340155_11395138.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-26 14:47 | | Comments(14)

f0340155_18565816.jpg

以前の事
10月後半、もしくは11月前半にかけて帰国予定と言う息子
仕事が忙しくその予定日はとっくに過ぎ
帰国は後倒しになりつつも
日取りははっきりしませんでした。



f0340155_18424347.jpg
私達は旅の宿泊予定も立たず
その都度、息子に確認を取ながら予定を組みました。

f0340155_18424811.jpg

後ろ倒しになりながら、日取りも決まらない中で
15、16日とお遍路の為ホテル予約もキャンセルして
8、9日と早めたお遍路旅でした。




f0340155_18425523.jpg

夫は15、16日、その前後は仕事も入れず待つことにしたのですが
身動きが取れない息子は
いろいろ調べた挙句
4月に帰国と結論付けました。


f0340155_18430232.jpg

にわかに空いたこの日
有効期限1月31日と迫っている『ご縁の国しまね』宿泊・おみやげプレミアム商品券を消費するため
入会のビジネスホテルに予約を入れると満室
空きを探しての予約となりました。



f0340155_18431000.jpg
度々訪れる松江には米子道を通って行きますが
今日は2015年3月全線開通
中国横断自動車道尾道松江線を走る事にします。


f0340155_18432393.jpg

折角の色付いた山々ですが
どんより蔽う雲、雨の中です。

f0340155_18441831.jpg

f0340155_20114815.jpg
f0340155_20112405.jpg

道の駅で休憩後
前を歩く夫を確認

私は少し遅れて、よそ見しながらいつも通り開けたドア
既に運転席に座っているだろう夫と思い込み
話しかけて
ふと見ると見知らぬ男性が微笑んでいます。
私「あっ、間違えました。すいません」


車種も色も同じ


f0340155_20083483.jpg
赤面する位、恥だけを置き去りにして(笑^^

f0340155_20084540.jpg
観光案内標識で見つけた龍頭が滝に向け寄り道の始まりです。
f0340155_18415802.jpg
駐車場から写した枝ぶりの良い柿の木

f0340155_18400191.jpg

民家から外れると直ぐに

f0340155_18414091.jpg

こんな立札に脚がすくみますが
夫は恐がる私を置き去りにして前へ前へ進んでいきます。
私は後ろを振り向きながら
もし熊が出てきたらどうしようとドキドキ!
出くわした時の咄嗟の行動を考えながら歩いています。





f0340155_18400700.jpg

f0340155_18443688.jpg



f0340155_18402321.jpg
f0340155_18413247.jpg

 龍頭が滝




f0340155_18412410.jpg
老杉が続く先に
龍頭が滝があるようです。

f0340155_18411356.jpg

老杉に濡れた苔が美しいです。

f0340155_15170695.jpg
龍頭が滝(雌滝)


f0340155_20280449.jpg

雌滝




f0340155_18404960.jpg

龍頭が滝(雄滝)が見えてきました。


f0340155_20260735.jpg

水量は多く勢いよく滝壺に落ちます。

f0340155_15171382.jpg

f0340155_18444563.jpg



f0340155_18403362.jpg

水しぶきで濡れ、滑りそうな石段を上がっていくと
奥へと岩窟が広がっています。
f0340155_18404203.jpg
裏からも眺められる『裏見の滝』

f0340155_15221818.jpg


熊に出会うことも無く引き返します。
f0340155_18414948.jpg




[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-24 20:14 | | Comments(12)

11月12日 実家へ

四国巡礼から帰ると母のご機嫌伺いです。
寒くなると熱いおでんが御馳走です。
f0340155_14493366.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-23 14:59 | 母のこと | Comments(10)
f0340155_17091807.jpg

順打ちで1番から88番まで巡ると
逆打ちで再び巡るようになると楽しみに訪れるお寺もあります。


f0340155_17092581.jpg
そのひとつに
順打ちで6月に訪れた 23番札所 薬王寺で見られたカワガニ
また見られる事を楽しみにしていたのです。


f0340155_17093168.jpg
雨の後、石垣の隙間から赤い爪を出すカニを捕まえるのが
私の子供時代の遊びでしたが
今はめっきり見られなくなってしまいました。



f0340155_19070906.jpg
f0340155_19425620.jpg

その反対で
再度訪れても全く記憶に残っていないお寺もあります。

f0340155_19430463.jpg
22番札所 平等寺がそうです。


f0340155_19431287.jpg

境内を参拝しながら、何処かに見覚えが無いかと注意を払っても見えてきません。

f0340155_19524091.jpg

ロープウェイで山を二つ越える奥深い
21番札所 太龍寺

f0340155_19523366.jpg


『西の高野』とも称され四国山脈の東南端 標高500mの位置にあります。



f0340155_19534521.jpg

阿波の難所のひとつに数えられます。

f0340155_19535182.jpg

樹齢数百年の老杉の中を歩くと体を包む霊気さえ感じられます。







f0340155_19540764.jpg
古刹、名刹で境内を巡るのは有り難い事ですが
高所恐怖症の私はそこまで辿り着くまでの恐怖と
鉄塔を超える時の揺れはめまいさえ催すかのようです。

f0340155_19541478.jpg
行ってみたいものの躊躇するお寺です。

f0340155_19530056.jpg
f0340155_19531150.jpg
f0340155_19594788.jpg
f0340155_11261648.jpg
苔が美しい
20番札所 鶴林寺
19番札所 立江寺
18番札所 恩山寺を巡りました。


f0340155_16222079.jpg


f0340155_16223798.jpg
f0340155_16225113.jpg
f0340155_16230048.jpg
f0340155_16211287.jpg



f0340155_16212211.jpg
正面に鷲羽山ハイランドの観覧車が見えだすと
帰ってきたも同然です。


[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-23 11:32 | | Comments(8)


f0340155_20170617.jpg

 高知県最後の24番札所・最御崎寺



f0340155_20171666.jpg

11月の境内には寄生植物の 「ヤッコソウ」が見られました。



f0340155_20172208.jpg

境内を出ると直ぐ観光地『室戸岬灯台』
f0340155_20102892.jpg

太平洋に突き出した岬は 四国の東南端
7月の四国巡礼 38番札所・金剛福寺の直ぐ
訪れた観光地『足摺岬』と相対しています。

f0340155_20103341.jpg

雨の11月、太平洋は暗く
雲からもれる太陽光は海を輝かせています。

f0340155_20173640.jpg

高台から海岸線に下りて見ます。
f0340155_16310995.jpg

室戸岬に沿って見どころが続きます。

f0340155_22073134.jpg
f0340155_16000504.jpg
f0340155_16001695.jpg

f0340155_22043035.jpg
奇岩が続きます。

f0340155_20175508.jpg


f0340155_20174553.jpg

室戸岬灯台を見上げます。

f0340155_20103856.jpg

太平洋に向かって中岡慎太郎銅像


f0340155_20104364.jpg
今日のお宿は順打ちの時でも泊まった徳島県『リビエラ宍喰(ししくい)』
こちらの温泉はしっとりすべすべ楽しみにしてきました。

徳島県宍喰町はゴルファーの尾崎3兄弟の出身地です。
テレビ放映された尾崎健夫と坂口良子の結婚式会場は
こちらの『リビエラ宍喰(ししくい)』でした。
f0340155_17043884.jpg

f0340155_20181104.jpg
5階からの眺め



f0340155_21024018.jpg

+αで伊勢海老コースを予約していました。


f0340155_21133402.jpg

徳島阿波尾鶏の小鍋


f0340155_21025269.jpg
伊勢海老の天ぷら


姿造りの鬼殻で味噌汁を作ってくれます。
伊勢海老鬼殻味噌汁は徳島郷土料理とあって
伊勢海老コースは美味しくお値段と味は納得しました。




[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-20 16:22 | お遍路 | Comments(12)
f0340155_19591013.jpg

「土佐の関所」「遍路ころがし」と呼ばれた四国霊場屈指の難所

27番札所 神峯寺

f0340155_19590260.jpg
標高450m
駐車場に着くと雨は激しく降りだしました。
急勾配を流れ落ちるような雨水の中
スノーブーツに履き替え上り切り一息つくと目前に長い階段が続きます。




f0340155_15192202.jpg


高知家プレミアムおみやげ券を消費するため
道の駅に入ります。
高知ならではの野菜寿司(田舎寿司)地元おばちゃんの味を見つけ
昼食にします。
お稲荷さんの様に包んだコンニャク寿司は初めてで美味しかったです。





f0340155_15193494.jpg

26番札所 金剛頂寺

f0340155_19591800.jpg

雨粒がレンズに(^_^;)

f0340155_19592477.jpg

f0340155_15195251.jpg

室津港を前に駐車します。

f0340155_20094842.jpg

25番札所 津照寺

竜宮城を思わせる鐘楼門の先に本堂があります。

f0340155_19593135.jpg




f0340155_15194292.jpg
本堂からは土佐湾が一望できます。





[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-17 21:55 | お遍路 | Comments(13)

f0340155_14162612.jpg

早くから11月15日 徳島県に宿を予約していましたが
息子は日程は今のところはっきりしないが
11月後半ごろ免許更新とやらで帰国すると言います。



f0340155_14163384.jpg

15日宿泊キャンセルを入れ1週間早めて
11月8日に予約を入れ直したのは11月に入って直ぐ
f0340155_14163916.jpg

天気予報では皮肉にも8・9日は雨の確率大
f0340155_14165264.jpg


当日は早朝から雨
雲は低く山間には霧がたちこめます。



f0340155_14164676.jpg


紅葉に惹かれサービスエリアに立ち寄ります。
f0340155_14031915.jpg


高知県南国市
逆打ち遍路の続きは29番札所 国分寺から始まります。
f0340155_14033582.jpg
f0340155_14034168.jpg
f0340155_14170419.jpg


石畳は雨で濡れ風情はいいのですが
足元は悪くファインダーを覗く回数は減ってしまいます(>_<)
f0340155_14172682.jpg


f0340155_14040110.jpg
f0340155_14171679.jpg
四国巡礼は季節を選んで
桜が咲く頃
若葉の頃
紫陽花が咲く頃
木々が色づく頃
そして結願所では雪景色を狙って
順打ちで行った国分寺は6月紫陽花咲く頃でした。

11月早々に四季桜に迎えられようとは
思っても見ませんでした。



f0340155_14035497.jpg

f0340155_14222784.jpg

納経所で御朱印を頂き
f0340155_15095682.jpg
28番札所・大日寺へ


f0340155_15100108.jpg
f0340155_15141749.jpg
f0340155_15103554.jpg
あっち転んだりこっち転んだりしながら
息子帰国に振り回された私達


f0340155_15104264.jpg
夫は仕事を断り休日を入れて待っていましたが
帰国は4月になりました。
にわかに空いたこの日は島根の旅にでます。

f0340155_15104754.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-14 15:24 | お遍路 | Comments(10)

天城 藤戸寺の近く行列のできる鯛焼き屋さん『鯛よし』
夫は寒くなるにつれ買って帰る回数が増えてきます(>_<)


f0340155_19222965.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-11-07 19:42 | Comments(17)

旅そして散策


by cyaa9090