ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

<   2015年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

6月28日 実家へ


f0340155_09360273.jpg
実家へ
その前に訂正させてください。
あらゆる場面で大きく『こけむしろ』とあるのに
『苔むし』と表示してしまいました。
改めて『苔むしろ』が正しい店名ですm(__)m

f0340155_20072220.jpg

私の気持ちの中に刻んでいる事
旅に出る前
もしくは旅を終え訪れた地方のお土産を持って母のご機嫌伺いをする
と決めていますが、近頃はそれも少々延び延びになっています。
私も歳を取ったな~と実感する所です。
f0340155_20071783.jpg

28日は雑草が茂った草刈に行ってきました。

            
f0340155_10191072.png
笹もちを中心に置いてお弁当を詰めます。
f0340155_20072718.jpg
お店は七夕飾りが出ています。
願いを込めて
七夕 マンゴープリンを手土産にして行ってきました。
  
f0340155_10191072.png

[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-30 10:25 | 母のこと | Comments(10)

6月20日 cafe苔むし


前々回の記事にしたためた
7日、町内行事大掃除と重なり宿泊をキャンセルしたからこそ
今回の地方創世交付金にあやかれたのです。と


f0340155_19233142.jpg
NO1


キャンセル後の宿泊は1週間先で無く
2週間先の20日になった経緯を話せば
またまた不運から幸運へと導いてくれる出来事が始まるとは
その時は知る由もありません。

f0340155_19401509.jpg
NO2

改めて14日予約を入れると
14日はスポーツ団体が全室貸切との事で
宿泊は断られていたのです。

f0340155_19281409.jpg
NO3

2度も不運になると、楽しみにしていた四国遍路と観光地巡り
満ちていた潮が引くように
行く気は失せてしまいましたが・・・

f0340155_19232113.jpg

NO4
f0340155_13030732.jpg
NO5


夫に促され2週間先の20日に決めたのです。


f0340155_19192334.jpg
そんなこんなで旅に出る前日の19日金曜日 瀬戸内海テレビ
瀬戸内リレーコーナーは瀬戸内海の4つの放送局を結んで
週末情報や季節の話題を紹介するコーナーを何気に見ていると

f0340155_19185528.jpg
19日は愛媛朝日放送局へリレーされました。



f0340155_19201862.jpg
cafe『苔むし』を放映しています。
「いつかは行ってみたいな~」憧れを抱くと




f0340155_19170240.jpg
どうやら20日、私達が行く遍路コースと同じ
西予市にあるようなのです。
f0340155_19173384.jpg
早速メモを取り
近ければ立ち寄りたいと夫に希望を告げておきました。
f0340155_13380962.jpg

卯之町町並みを後にして、昼食はジョイフルで
メモしていた携帯電話番号に電話をすると
苔むしはジョイフルから僅か10分ほどの道のり
f0340155_19214888.jpg


固定電話番号を聞き
ナビを合せるとワクワク感はつのります。

f0340155_19175755.jpg

ラッキー!
これも20日に延びた幸運です。
f0340155_19181514.jpg

初めて訪れる場所
第二駐車場に一旦駐車したものの
第二があると言う事は第一もあると
NO1↑マンホール蓋だけ撮って第一まで上って行きます。
f0340155_19212608.jpg

歩けば良いものを
坂道をテクテク上るのを敬遠するシニア2人
f0340155_19211833.jpg

楽を選んだバチあたり
第一駐車場は満車(>_<)


f0340155_19205308.jpg
第二駐車場へ戻ります。

f0340155_19183731.jpg

NO2・NO3↑美しい紫陽花を見ながらテクテク歩いて上ります。
f0340155_19184603.jpg

紫陽花ロードも春には桜ロードを楽しめるのでしょう。
f0340155_19201136.jpg

NO4・NO5↑葉桜の向うに
田園風景と民家が広がります。
f0340155_19202658.jpg

歩いたご褒美に迎えられ
cafe『苔むし』に着きました。
f0340155_19203419.jpg

電話応対のオーナーにお礼を言って
まずは素晴らしい苔庭園を撮りまくります(笑^^
f0340155_19183006.jpg
f0340155_19182218.jpg
f0340155_19180634.jpg
f0340155_19174979.jpg

点々と置かれたテーブルで憩う人を他所目に
撮っても撮ってもいい構図が展開します。
f0340155_19213927.jpg
私達はまだこの先を急ぐ身
f0340155_19220712.jpg
先を急ぐのにも美味しい飲み物を頂いてからにして

f0340155_19235369.jpg
f0340155_19240333.jpg
                   お抹茶と名物の苔饅頭

f0340155_19234501.jpg
f0340155_13401621.jpg

昔、石積み段々では薩摩芋を植えていたそうです。
f0340155_19221548.jpg
f0340155_13400103.jpg
ここから下りた所に建つ木造の小屋で
1日に何組かの予約客を受ける鶏料理店を閉めてまで




f0340155_19222465.jpg


4年もの歳月をかけて山から苔を集め
木々の伐採と植樹
オーナーの世界をつくりあげたそうです。

f0340155_19231134.jpg
そちらへ下りる事にしましょう。

f0340155_19215865.jpg

f0340155_13514173.jpg

撮っていると尽きません。
f0340155_14345327.jpg


f0340155_19225219.jpg
f0340155_19223265.jpg
f0340155_19224004.jpg

f0340155_19225219.jpg
f0340155_19225932.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-29 19:20 | お遍路 | Comments(14)

f0340155_18425997.jpg

宇和米博物館からすぐ
卯之町の町並みへやってきました。

f0340155_18453678.jpg

昭和初期まで宇和盆地の中心地として栄え
老舗旅館や造り酒屋、商家が軒を並べます。

f0340155_18435796.jpg
古民家再生の『和み館』
軒下の電燈も昭和の面影が残っています。
f0340155_18454215.jpg
宇和米博物館でセット購入した『宇和先哲記念館』
に向かう先にお遍路さんの団体です。


f0340155_18432619.jpg

『宇和先哲記念館』
シーボルトの娘で日本初の女医・橋本イネなど
宇和の地に多大な功績を残した偉人を紹介しています。


f0340155_18440422.jpg


旧宇和街道をそぞろ歩いてセット購入『宇和民具館』へ

f0340155_18465456.jpg
白壁や出格子が軒を連ねる
文化香る落ち着いた街並みの中に


f0340155_18452939.jpg

角を曲がると突然オレンジ色の屋根
教会の様です。
f0340155_18454739.jpg
『宇和民具館』

f0340155_18455666.jpg
宇和で使われていた生活道具や商売道具を展示されています。
f0340155_18442629.jpg
懐かしい虫篭、小鳥篭
f0340155_18460441.jpg

宇和の文化、風習を物を通して知ることができます。

f0340155_18443669.jpg

炭団を入れて使用したコタツ

f0340155_18461158.jpg
f0340155_18444479.jpg

西予の地域ごとに伝わる牛鬼のお面

f0340155_18433591.jpg
開明学校
明治15年に建てられた小学校です。

f0340155_19395123.jpg
日本の伝統的木造建築に
洋風のアーチ型の窓を組み合わせたモダンな建物です。



f0340155_18434108.jpg


f0340155_18461828.jpg

教科書代わりの掛図を使って明治の授業を体験できます。
f0340155_18434884.jpg

アーチ型の窓越しに絵の様な教会。

f0340155_18463716.jpg
明治2年
町民の寄付で建てられた私塾・申義堂

f0340155_18462862.jpg


f0340155_18442063.jpg


f0340155_18430646.jpg
おや、歩道に印を押したようなもの分かりますか?
通り過ぎてもう少し色あせていない物を
注意深く探して歩きます。

f0340155_18441207.jpg
卯之町の開明学校とレンゲをデザインしたマン蓋

f0340155_16150026.jpg




[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-27 16:16 | お遍路 | Comments(10)

f0340155_20135139.jpg
6月20日高知家プレミアム旅行券を使って安く宿泊できたのも
 6月7日 前々から宿泊予約を入れていた日にちと
町内行事大掃除と重なっていたのに気付き
宿泊キャンセルしたからこそ
今回の地方創世交付金にあやかれたのです。

f0340155_19484496.jpg

高知家プレミアム旅行券の情報を知ったのは
元々行く予定日の6月7日以降だったのです。


f0340155_19484908.jpg


こうして運を引き寄せて
瀬戸中央道・児島 眼鏡トンネルを抜けるとそこは瀬戸大橋
松山道を順調に走っています。

 
f0340155_19485754.jpg
伊予灘サービスエリアから松山平野が広がります。
f0340155_19490435.jpg

2011年から2013年
四国遍路 順打ち
1番札所から88番札所を結願

2014年2月
逆打ち
88番札所から
2014年5月44番札所までを巡りました。
f0340155_19490997.jpg
愛媛県西予市宇和町へ




f0340155_19492538.jpg
今日はその続き43番札所から
1泊2日で36番札所まで巡ります。

f0340155_19491591.jpg
43番札所 明石寺

f0340155_19445866.jpg

f0340155_19493799.jpg
f0340155_19500757.jpg
観光を兼ねて2巡りの四国巡礼の旅
違う風景を探す観光になります。

f0340155_12555697.jpg
宇和米博物館
f0340155_12561670.jpg
木造の旧宇和町小学校校舎を移築され
米どころ宇和を後世に伝えます。



f0340155_19454074.jpg
昭和初期のガラスは横から見ると
歪み、ゆらぎ、泡の特徴がみられます。

f0340155_19450927.jpg
鈍く光る真鋳のドアノブを開けると
それぞれの教室には

f0340155_12560755.jpg
そのままの状態で教室を再現

f0340155_19463546.jpg
稲の実物標本や農耕具など、米に関する資料を展示しています。

昔の米どころ宇和の風景を手作りで再現されています。

f0340155_19454745.jpg

黄金に実った稲田
竹と藁で作った雀

冬は一面白い景色になる雪深い山村

f0340155_19455631.jpg
藁葺屋根とわらぐろ
f0340155_19461234.jpg

f0340155_19462502.jpg
f0340155_19464595.jpg
レンゲ畑とわらぐろ
こんな風景が広がっていたのでしょう。

f0340155_19450493.jpg
109mの長い廊下

タレントが雑巾がけレースで秒を競う場面を
テレビで紹介されたのを思い浮かべます。

f0340155_19501681.jpg
観光客も雑巾がけレースを体験できます。
受付の方が大声で合図を送りタイムを計ります。

f0340155_12564488.jpg
f0340155_19502482.jpg

f0340155_12565542.jpg
f0340155_12584444.jpg
雑巾がけレース「Z-1グランプリ」in せいよ
毎年盛大に速さを競う大会が催されるようです。
f0340155_21522081.jpg
f0340155_19453332.jpg

スイタを渡り講堂へ

f0340155_19452566.jpg


大正4年建築
f0340155_19452075.jpg

週3回の剣道稽古があるようです。
f0340155_19473785.jpg




[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-25 20:27 | お遍路 | Comments(11)
f0340155_13154423.jpg

先日購入したばかりの
高知家プレミアム旅行券を使って
高知県へお遍路の旅に1泊2日で行ってきました。
おいおい載せていきます。

[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-21 20:28 | Comments(12)
f0340155_18542104.jpg

手芸が遠のいて久しい
娘から「興味あると思って貰ってきたよ」と渡されたのは
中山みどり
フェルトアート展の招待券

f0340155_18592578.jpg

昼食は新見市草間にある
そば道場『田舎屋』
カルスト台地の草間は蕎麦栽培で知られています。

f0340155_14424341.jpg
暑くなってくると薬味の辛味大根は
口の中をさっぱりしてくれます。


f0340155_14424921.jpg

JR西日本 新見駅にほど近い

f0340155_18585131.jpg

新見美術館到着

f0340155_14421947.jpg
この先はカメラ撮影禁止
素晴らしい仕上がりの猫や犬
只々感嘆の連続

f0340155_14431987.jpg
高梁川水系の鮎解禁日は6月7日
川釣りの風流な光景を見ながら
f0340155_14432711.jpg

1本の細い山道を奥へと入っていきます。
f0340155_14442974.jpg

古めかしい親柱とアーチ橋を渡り
f0340155_13300381.jpg

f0340155_14433420.jpg

ナビを見ると片側は小阪部川沿うように
もう片側は山肌の岩が張りだし落石注意の赤文字
こんな所で対向車が来れば、どちらかがバックしなければいけません。



f0340155_14443729.jpg

カーブした先には1本の山道は急にひらけ
やや前方に目的の小阪部川ダムが見えてきました。
車を停めて撮影します。



f0340155_14420582.jpg

遠いこの位置でも空気がひんやり感じます。
ダム湖近くまで車を走らせ移動します。


f0340155_14421582.jpg

こちらから歩いて散策です。

f0340155_19332868.jpg

周囲中国山脈に囲まれ
谷に沿うように高梁川水系小阪部川は流れます。


f0340155_19190567.jpg
RSKテレビ
『笑味ちゃん天気予報』の情報で今の時期
小阪部川ダムの放水を知りました。

f0340155_14435025.jpg
                         横から



f0340155_19133300.jpg

農業用水補給用のダム
美味しい穀物が取れるようにと名付けられた『美穀湖(みよしこ)』


f0340155_14442184.jpg

人造湖です。
f0340155_14421029.jpg
f0340155_19152584.jpg

放水の真上まで歩いてきました。
f0340155_14440528.jpg
白い水煙をたて勢いよく落ちるのを見ていると
体は固まり足がすくみます。

f0340155_19140420.jpg
f0340155_14441224.jpg
f0340155_19192452.jpg

岡山市、倉敷市、総社市、早島町へと
長い潤いの始まります。

f0340155_11075796.jpg
正面
土砂崩れ防止のコンクリートに
↓の蝶?それとも蛾?

f0340155_11093459.jpg


f0340155_14425387.jpg

古い店が並ぶ新見銀座商店街を
車で通り過ぎます。

f0340155_14430003.jpg
f0340155_14430512.jpg
f0340155_14431064.jpg
f0340155_11211693.jpg
フェルトアート展から
寄り道がこんなにも展開してしまいました。
高梁川に沿って帰路を急ぎます。
f0340155_14445724.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-19 11:32 | Comments(14)

f0340155_19204676.jpg


我が家の庭にも夏が見え隠れ


f0340155_10521587.jpg
そして我が家、夏定番の天草から作る
甘夏、ナタデココ入り健康補助食を作り始めたと言うのに・・・・


f0340155_19211975.jpg
夫は仕事で井原へ
その帰りいつもの和菓子屋へ
私の大好物水羊羹を求めて立ち寄ってくれたのですが
来週から始めるとの事でした。

f0340155_19200008.jpg
               

[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-16 11:14 | Comments(12)
f0340155_14083068.jpg
7日(日曜日)
種松山のアジサイを見に行こう
そのついでに足を延ばして実家に立ち寄ろうと
早朝から夫と話していました。

f0340155_14083661.jpg

2人の会話を聞いていた娘

以前mさんのブログに写っていた
柄から推測して野性うさぎではなく
飼い主に捨てられたであろう兎を
探してきてと言います。

f0340155_14101610.jpg

mさんも後々追跡するや
最近は見かけなくなったとか・・・・
私「よーし!探してみる」と意気込んだものの・・・

f0340155_14100782.jpg


今は猫のニャニャ子がいる我が家
条件は変わり
例え見つけても飼う事はできません。

f0340155_14105302.jpg

そんな朝の我が家に電話
案の定、母からいつものように元気な声

f0340155_14114709.jpg
日曜日、兄は孫たちと時間を過ごす為
早朝から自宅に帰ります。

f0340155_14121107.jpg

1人になると寂しくて決まって電話があるのです。
そんな思いを含めて立ち寄るのですが
電話では種松山の紫陽花を見に行くとだけ告げます。

f0340155_14091770.jpg

思いの外バラを楽しみ
少々早い紫陽花を観ながらいつものコース

f0340155_14092581.jpg
一段上の紫陽花を前景に
カワセミを狙っているカメラ愛好家が見える
修景池を写しました。

f0340155_14093322.jpg
早朝からのカワセミ狙いは
どうやら収穫があったようで
グループは大声を残して引き揚げていきました。

f0340155_19551221.jpg

花を楽しませてくれた後に種がぶら下がる藤棚を抜け
修景池に着きました。
f0340155_12364294.jpg


1周して私たちは
カワセミが気になり引き返してきました。

f0340155_19525095.jpg

そんな時、よくぞ見つけてくれた夫の眼力
おこぼれの収穫は予定外でした♪


f0340155_14094152.jpg

f0340155_14085675.jpg
f0340155_14090411.jpg
f0340155_14090982.jpg

f0340155_14095871.jpg

こんな時こそ歩けばいいのに
駐車場に戻って

f0340155_14110294.jpg
                    水島工業地帯が望める
                   ちびっこ広場まで車で移動します。

f0340155_14122830.jpg
実家から多少近い種松山のアジサイですが
母を誘っても嫌なところ
私達だけで楽しみ
                  ケーキ手土産に母を尋ねます。

f0340155_12521943.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-15 13:00 | ドライブ | Comments(9)
f0340155_14355102.jpg



ネタは古くなるのですが
今日から我が家は冷やし中華始めました。



f0340155_17184957.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-14 14:55 | Comments(8)
f0340155_16500105.jpg
f0340155_14131283.jpg

城跡の近くに足守川が流れる
羽柴秀吉の水攻めで有名な備中高松城址に着きました。

f0340155_14094291.jpg
f0340155_13133952.jpg
f0340155_14102427.jpg

地形は低地で沼地
梅雨明けには
城主 清水宗治公の名前を取って付けられた『宗治蓮』が400年の歴史を咲き映し
f0340155_14090303.jpg
6月湿地には花菖蒲が楽しめます。

f0340155_14092499.jpg
f0340155_14081197.jpg
f0340155_14100092.jpg

f0340155_14101193.jpg
f0340155_14103257.jpg
ナミアゲハやツバメ・スズメに嫌われないように
様子を伺いながら近寄りシャッターを切りますが


f0340155_14091682.jpg

湿地、沼地には嫌な奴も現われます。
注意深く歩いていると長い奴が(@_@;)

f0340155_14111000.jpg
夫に指差し教えると、早々にその場を立ち去ります。

f0340155_14093151.jpg

f0340155_14091010.jpg

紫色の花菖蒲
『ねね』に見えてきます。
f0340155_14114463.jpg

昨年は大河ドラマ「軍師官兵衛」の撮影現場で
観光客も多く見られましたが
今日はいつものように静かでした。

f0340155_14110190.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-06-13 13:57 | ドライブ | Comments(8)

旅そして散策


by cyaa9090