ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

<   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

7月26日 鏡ヶ成


f0340155_09195607.jpg
標高930m
休暇村奥大山
青い空に白い雲

f0340155_09200412.jpg
気温31℃降り立つと高原の風は思いのほか涼しいです。
f0340155_09201860.jpg
夏休みの子供達は虫とり
f0340155_09202623.jpg
自然に抱かれて草すべり
懐かしい遊びです。
f0340155_09203688.jpg
ベンチはありますが誰も座っていません。
f0340155_09204542.jpg
木陰の下でシートを広げ
それぞれの輪ができています。
f0340155_09242350.jpg
私達もシートを広げ、持参のおやつを食べると
いつしかひと眠りぐっすり30分

f0340155_09205459.jpg

f0340155_09225958.jpg

木々の間からとんがり帽子を覗かせる烏が山

f0340155_09211483.jpg
f0340155_15163411.jpg
なだらかな傾斜は初心者、ファミリー向けのスキー場になります。
f0340155_15394385.jpg
右下辺り
象山.夏登山からグループが下りてくるのが見えます。
f0340155_15161244.jpg
象山冬登山

f0340155_09212246.jpg
f0340155_14424338.jpg
トラノオ
f0340155_14471771.jpg
2013年7月13日蝶が沢山飛んでいました。
f0340155_09220563.jpg
今年はトンボが止まってくれただけ
f0340155_09221489.jpg
空が写る様に角度を変えて
もう1枚
f0340155_09222322.jpg
ノハナショウブ
f0340155_09223273.jpg
f0340155_09225029.jpg
f0340155_21084846.jpg

f0340155_09230509.jpg
高原の風はさわさわと草を揺らします。
f0340155_09231324.jpg
コオニユリ
f0340155_09234894.jpg
f0340155_09235833.jpg
小さな輪をつくるアメンボ
f0340155_09241198.jpg
緑の中に赤く色付いた葉

f0340155_21092091.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-31 16:45 | ドライブ | Comments(11)

f0340155_09192410.jpg
鬼面台展望休憩所
f0340155_09193448.jpg
大山南壁と烏が山
f0340155_09193922.jpg
休憩所には竹や蔓で編んだ籠が吊るされています。
f0340155_09214413.jpg
ウナギを捕る竹細工【うけ】800円
インテリア用に欲しかったのですが
アイデアが浮かんできません。
f0340155_09194897.jpg
f0340155_13115159.jpg
鏡ヶ成.に向かって走る車の前方には大きな積乱雲が塞ぎます。
f0340155_13120503.jpg
追えども追えども形を変えて
f0340155_13121239.jpg
やっと目的地鏡ヶ成へ気温31℃
避暑にはやや期待ハズレの数字です。
f0340155_13121951.jpg




[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-30 14:15 | ドライブ | Comments(14)
f0340155_15122604.jpg
ここは蒜山サービスエリア
大山が見えます。
f0340155_15123418.jpg
テントの上から冷気を出しています。
f0340155_15184358.jpg
市街地のうだるような暑さから逃れようと
奥大山 鏡ヶ成へ向かう途中
f0340155_15123975.jpg
その前に

f0340155_15124898.jpg
叉木でざるそば
f0340155_15133709.jpg
偶然とは言え今年も
かじや橋に差しかかる頃
f0340155_15135093.jpg
川上河川では人の賑わい
「イモの子を洗うような」とはこの事
f0340155_15152626.jpg
7月恒例『蒜山さかなつかみどり大会』です。
f0340155_15130280.jpg
f0340155_15125608.jpg
f0340155_15143731.jpg
イワナ、ヒラメ、マス、ウナギなど約 1万匹が放流されます。
f0340155_15132274.jpg
今年は車を停めて河原に下りてみました。


f0340155_15131795.jpg
f0340155_20203305.jpg
仕切りの中で網を持っている方は関係者
仕切りを潜り抜けた魚を
参加者の中へ投げ込み戻す役
f0340155_15130991.jpg
ママと坊やは戦力外
f0340155_19284698.jpg
f0340155_15150106.jpg
f0340155_15145115.jpg

老若男女ずぶ濡れになり
我を忘れ、日頃の痛い所も忘れ
群衆の中へ我先に戦いを挑んでいるような勢いです。

f0340155_15144500.jpg
ナイロン袋の中には戦利品がピチピチ
f0340155_15145621.jpg
イワナでしょうか。
f0340155_15151316.jpg
女の子の背中に何やら止まっているのが気がかりです。
f0340155_15151951.jpg
うなぎをGET
今日29日は土用の丑の日
                   
f0340155_20083035.jpg
  


[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-29 20:26 | ドライブ | Comments(10)

7月23日 実家へ

f0340155_11213758.jpg
ご近所から頂いた
きゅうり、フルーツトマトのアイコ
そしてツユ豆やじゃが芋
お土産の因島はっさくゼリー
お中元で届いたハムなど
頂き物ばかりを詰合せ
暑中見舞いにいってきました。

f0340155_11203866.jpg
せめてこれは私から母へ
松江に行ったときの彩雲堂の【満天】
満天の星々は金箔で散りばめまるで夜空に輝く天の川のごとく
小豆羹と錦玉夏の二層作りは目にも楽しい
そして和三盆糖で
細工された 寿【露堂々】
鶴亀と松葉
長生きを願ってお土産です。

f0340155_11205835.jpg
兄は小学2年生の孫が夏休みに入ると
実家との往復で忙しくなりましたが
兄のストレス解消法の一番の秘訣は
孫と一緒に居ること



f0340155_11210466.jpg
母とのストレスは夏の暑さと共に
ピークに達していたようです。

f0340155_11211832.jpg
私は母の話し相手のその締め括りは
海の潮風に吹かれること

f0340155_11211144.jpg
陽が西に傾き海を染めはじめます。
f0340155_11212742.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-24 12:20 | 母のこと | Comments(18)
f0340155_14374159.jpg
先日作ったミニトマトジャム
余りのおいしさに
早や平らげてしまいました。
f0340155_14374861.jpg
お隣さんはその早さにびっくり
また山ほど頂いてしまいましたm(__)m
晴れの日のジャムづくり
可愛いシールも貼りつけました。
f0340155_14382198.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-20 14:47 | Comments(14)

7月18日 墓掃除へ

f0340155_15362797.jpg
倉敷市連島は蓮根の産地です。
f0340155_15360770.jpg
7月白い蓮の花が咲く頃
この道を通りお墓掃除に行くのが一番楽しみな時
f0340155_15363348.jpg
墓地の側には大樹が聳え
太陽が西に傾きかける頃
日差しを遮り
日陰を作ってくれます。

f0340155_15363958.jpg

その時間帯を見計らい16時我が家を出ます。

f0340155_15364483.jpg
その前の楽しみは勿論この白い蓮、蓮根になります。

f0340155_17252970.jpg

強い日差しを避けるため
大きな縁の麦わら帽子を被り日焼け対策は忘れません。

f0340155_15373234.jpg
なのに空はまるで秋のよう

f0340155_16312342.jpg

春のお彼岸以来の墓地は
夏草のネコジャラシが可愛く光っています。
見上げると日陰ができるまでには少々早かったようです。

f0340155_15365073.jpg
蚊取り線香をつけ
長袖と長靴に履き替え
夏草を抜き始めました。
f0340155_15371350.jpg
気が付くと
いつの間にやら手元は日陰になっていました。
f0340155_15365810.jpg
涼しげな翅のトンボ
逃げないと思っていたら
どうも卵を産み付けているようです
f0340155_15370721.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-19 16:35 | 母のこと | Comments(14)

7月ある雨の日に

f0340155_20353039.jpg
お隣さんからミニトマトを山ほど頂いたのです。
外はうっとうしい雨
こんな日は
じっくりと煮込むジャムとシロップ漬けを作ります。
プレーンヨーグルトと合わせて食べます。
f0340155_09415266.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-16 09:40 | Comments(20)
f0340155_20033876.jpg
松江城の北に位置する普門院
「ぐるっと堀川めぐり遊覧船」がやってきました。
f0340155_20034543.jpg
私が立っている普門院橋をくぐり
f0340155_20033293.jpg
気持ちよさげに遠ざかるのを見送りました。

f0340155_20042919.jpg
松江を後に
境港へと向かっています。
f0340155_20043571.jpg
f0340155_20044117.jpg
車のコマーシャルで有名になった
あの「ベタ踏み坂」こと『江島大橋』
本庄道の駅より望む。

f0340155_20045393.jpg
堺水道大橋を渡ります。
f0340155_20065800.jpg
境港魚市場に着きました。

f0340155_20050084.jpg

岩ガキブランド『夏輝』

f0340155_20233274.jpg
我が家用に赤海老と旬が始まったばかりの白イカ
持参したクーラーボックスに入れて
こちらの目的は終り

f0340155_20050905.jpg
鳥取弓ヶ浜ではキス釣りをしています。
f0340155_20051894.jpg
f0340155_20052997.jpg
米子鬼太郎空港に着陸のため
大きな機体が頭上を飛び去っていきました。



f0340155_20232351.jpg
高速道に入り
大山を眺めながら帰路に向かっています。
f0340155_20055133.jpg
南下するほど山々は水蒸気に包まれてきました。

f0340155_20060367.jpg
蒜山に立ち寄ったのは
白いスイートコーン「ピュアホワイト)を探し求めるためでしたが
7月下旬頃から初出荷とのこと。

f0340155_20061328.jpg
倉敷に近くなるにつれ
天気は良くなかったようです。




[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-15 19:57 | | Comments(10)

7月7日 月照寺


f0340155_19420482.jpg

ホテルα1朝食付き(バイキング)1人1泊¥6250
テェックアウト9時30分
今迄に無くゆっくりできました。

f0340155_19421469.jpg
松江藩主「松平不昧公」は茶人としても有名です。

f0340155_19422162.jpg
城下町松江は茶の湯と共に和菓子も有名です。
f0340155_19422821.jpg
チェックアウトを済ませると
季節の和菓子をお土産に『彩雲堂』へ向います。

f0340155_20534932.jpg
冷たいお茶に野菜羹とまと(右)
         れんこん(左)の御接待を受けました。

f0340155_21313781.jpg
                             今日は七夕
                             七夕の和菓子(前 中央)
                             銘は「星まつり」

f0340155_19423612.jpg
我が家には見ているだけでも嬉しくなる様な和菓子も買ったことだし
母には日持ちする母に相応しい物を見つけて。
また後ほどにブログ記事にしたいと思います。
f0340155_19424348.jpg
満足した買い物を済ませると

f0340155_19425453.jpg
次に向かったところは
f0340155_19430249.jpg
目で追っていたトンボが睡蓮池の葉に止まりました。
シオカラトンボのようです。

                    
f0340155_19415127.jpg
国指定史跡
松江藩主の菩提寺 月照寺

         

f0340155_19412367.jpg
唐門正面は七代「松平不昧公」の墓
f0340155_11315914.jpg
唐門からは入ることはできないようです。

f0340155_19415726.jpg
雨でぬれた石畳を進むと
f0340155_19410918.jpg
突き当りは書院
こちらで拝観料500円を支払う様です。
f0340155_19430981.jpg
花暦をみると6月は紫陽花が楽しめるようです。

f0340155_19433762.jpg
                                  見頃は過ぎているものの
                                  まだ十分楽しめます。
f0340155_19442649.jpg
7月下旬からはサルスベリが楽しめるようです。
f0340155_19443636.jpg
f0340155_19444902.jpg
f0340155_13093480.jpg
f0340155_19451029.jpg


f0340155_19445801.jpg
f0340155_19413007.jpg

f0340155_13095339.jpg


f0340155_19411674.jpg

f0340155_19431849.jpg
f0340155_19453066.jpg

11月は紅葉が楽しめるようです。
f0340155_19452009.jpg

f0340155_19461095.jpg
江戸時代の名力士「雷電」の碑
美しいぐらい苔むしていました。

f0340155_19463815.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-13 13:00 | | Comments(14)

f0340155_10370692.jpg

今日のホテルは全国展開しているα1ビジネスホテルです。


f0340155_10511537.jpg

松江の旅目的はここ

f0340155_10371307.jpg
美味しい松江和牛を出してくれる

レストラン リバービューのディナーコースを予約していました。


f0340155_16165455.jpg

夕日百選の宍道湖の夕日も撮りたいし

そうなるとディナー時刻は遅くなる
悩んだ挙句夕日を撮るのは諦めて

時刻18:30で予約で申し込んでいます。

f0340155_16162331.jpg

身を2つ持ちたいと思うことも無く運よく?今夜は雨

夕日は見られません。(2010年11月宍道湖の夕景)


f0340155_10355560.jpg

α1から徒歩で5分弱

傘を差して向かっています


f0340155_10514816.jpg

銅板に帆船を描いたドアを開けると
f0340155_10361220.jpg
案内されたのはキャンドルでテーブルセッティングされた席
f0340155_10361828.jpg
冷たい茄子のスープ
f0340155_11001228.jpg
個室では子供達とママ友が集まり
女の子主役の誕生日会のようです。
食事を終え女の子とママが
個室から出るとクライマックスのケーキを
タイミングよく運ばれます。

f0340155_10405014.jpg

f0340155_10374049.jpg
f0340155_10373060.jpg
f0340155_10362596.jpg

鰆のソテー
f0340155_10374681.jpg
大橋川が眺められるデッキに出ると
暗い水面にイルミネーションで飾られた小さな納涼舟が
過ぎて行きました。

f0340155_10363229.jpg
島根和牛

f0340155_10375549.jpg

寛いだ時間は2時間30分
f0340155_10363869.jpg
紅茶が出る頃はすっかり日暮れ
River Viewを後にします。

f0340155_10513571.jpg



[PR]
by cyaa9090 | 2014-07-11 16:25 | | Comments(12)

旅そして散策


by cyaa9090