ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧


f0340155_17572533.jpg
電話のベルで夫が出ると、その話しぶりからどうやら母からのようです。

f0340155_17580401.jpg

私に代わると直ぐに
「おばぁーちゃん」と誰やら外から呼ぶ声が電話を通してこちらまで届いてきます。

f0340155_17581969.jpg

私「誰か来たみたいよ」と母に告げると

母「ちょっと待ってぇよ」と受話器を置きかけ

母「やっぱり一旦切るから」と言ったきり夕暮れまでとうとうかかってきませんでした。

f0340155_17573514.jpg
先日立ち寄った鳥取土産も届けたいし翌日行くことにしました。
f0340155_19404704.jpg
3時のおやつは『鳥取二十世紀梨ゼリー』

土産に美味しい物なしと言うだけに土産探しはいつも迷うのです。

2個入り972円 余りの高さに

悩みながら購入した梨ゼリーでしたが

そんなことなど何処吹く風とばかり

母「意外と美味しかったな~」と・・・・・(~_~;)

f0340155_17582768.jpg
喜んでくれると選び甲斐があると言うものです。
f0340155_17583478.jpg
お腹に力を溜めて1時間ばかり鎌を手に雑草と戦います。
f0340155_17584757.jpg
日暮れ時間が遅くなりました。
f0340155_17584026.jpg
帰路の途中
立ち寄った呼松公園では蚊の襲撃にはあっさり敗退です。

f0340155_17585438.jpg
編集で文字の大きさが揃いませんm(__)m
f0340155_17590213.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-28 20:00 | 母のこと | Comments(17)


f0340155_20531676.jpg
6月15日から始まったあじさい祭りも今日(22日)で最後
f0340155_20565821.jpg
地区の高齢者の方々でオープンした簡易カフェ
この地区の名物「昔そば切り」
山菜天婦羅はヤマボウシ、桑の葉等々
イベント時のみのご厚意です。
f0340155_22472446.jpg
普門寺へ
f0340155_20542224.jpg
f0340155_20535830.jpg
正面門をくぐります。

f0340155_20554617.jpg
f0340155_20553552.jpg
f0340155_20541657.jpg
f0340155_20534754.jpg

赤い緋毛氈が敷かれ、こちらではお抹茶がいただけます。

f0340155_20540984.jpg
座敷に上がって庭園を愛でながら一服するもよし

f0340155_20542922.jpg
紫陽花越しに緋毛氈

f0340155_20562123.jpg
もみじ越しに緋毛氈

f0340155_20560605.jpg
                               水溜りの紫陽花も見逃せない美

f0340155_20561464.jpg
水子地蔵様
f0340155_20562904.jpg
f0340155_20545021.jpg

秋のモミジと四季桜も有名です。

f0340155_20544054.jpg
山門を出ます。


f0340155_20532722.jpg
民話にでてくるような佇まい
f0340155_22471173.jpg
蒸し器の湯気が誘います。
f0340155_20533594.jpg
地区の名物『たかきびぜんざい』に舌鼓しているころ
外から賑やかな声がしてきました。
子供達を集めて手品やアクロバットが始まったようです。

f0340155_20534195.jpg





[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-27 11:37 | ドライブ | Comments(12)

f0340155_22410732.jpg
山間から立ち込める霧
岡山自動車道 高梁サービスエリアに立ち寄ります。

f0340155_22412316.jpg
中国自動車道 落合IC下車
普門寺まで
f0340155_22413136.jpg

花の山寺『普門寺』まで7km
f0340155_22414007.jpg
標高400mの山道の傍らで
木洩れ日の中で咲く山野草
 

f0340155_22414804.jpg
木陰で咲く
ドクダミの白い花が可愛いです。
f0340155_22415716.jpg
目的地300m手前の紫陽花が
今日のイベント『あじさい祭り』へと導いてくれています。

f0340155_22420503.jpg
車道脇の青紫の固まり
こちらだけでも十分見応えがあります。

f0340155_22430382.jpg
色の競演は少ないピンク系の
引き立て役は青紫のアジサイです。


f0340155_22500080.jpg
茅葺屋根を背景に広がる紫陽花を見ながら
f0340155_22432370.jpg
小学校の運動場を開放してくれている駐車場へ
あのクルミの実は生っているのだろうかと探してみました。

f0340155_22470043.jpg
f0340155_22462265.jpg
f0340155_22453766.jpg
f0340155_22444397.jpg
朝降った雨雫を探してみました

f0340155_22433486.jpg
f0340155_22435093.jpg
地元の方の手作りカフェ

f0340155_22440045.jpg
f0340155_22441049.jpg
こちらで名物
蕎麦を打っています。
f0340155_22443429.jpg
蛇の目蝶
f0340155_22452630.jpg
さくら貝のようなアジサイ 

f0340155_22483540.jpg
山に咲くアジサイは青系が多いのは
山土は酸性に傾いているから
f0340155_22493349.jpg
f0340155_22494026.jpg
炭焼き小屋
f0340155_22495394.jpg
f0340155_22494769.jpg
f0340155_22460946.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-25 17:55 | ドライブ | Comments(16)

6月のある日


f0340155_16005004.jpg

庭にやってきた昆虫たち


f0340155_16005601.jpg
綺麗な翅を広げて飛んできた先を探すと
カナブンでした。
バラの大敵
 
f0340155_16010579.jpg
 
ホウジャク

    
  
f0340155_21070534.jpg

名古屋名物ういろう
それも季節にぴったり
『紫陽花ういろう』
f0340155_16011616.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-21 16:19 | Comments(18)

f0340155_09580655.jpg
リニューアルした白い建物に曲線で描かれているのは蔓バラ
大輪のバラは魅惑的な黒バラ



f0340155_10001344.jpg
ここは山陽自動車道、福山西サ-ビスエリア(上り線)
f0340155_09582338.jpg
福山市の市花はバラ
市民に愛されているバラは5月から6月まで咲き誇っています。

f0340155_09593277.jpg
ニャニャ子待つ我が家まで所要時間30分余り
立ち寄る楽しみは、こじんまりしたこのバラ園




f0340155_09594090.jpg
汚れない純白のバラ
花ばさみ片手に手入れをしています。
f0340155_09591514.jpg
どのバラも元気です。
f0340155_09583117.jpg
紫色のパンジーをぼかしました。
f0340155_09590417.jpg
さっきから1人の女の子が素敵なパパの追いかける声と
鬼ごっこをしています。

f0340155_09584903.jpg
パパはバラと女の子交互に目を向けています。
f0340155_09584120.jpg
私の後ろからパパの声が追いかけます。
「○○ちゃん、写真を撮っている前を走らないでね」
f0340155_10015947.jpg
それに気付いた私はファインダーから目を離し
女の子の頭を軽く撫で「ごめんね」と一言
素敵なパパに目礼しました(笑^^
f0340155_09595066.jpg
建物内に入ると床にはめ込まれたバラの花束
f0340155_10000023.jpg
天井にもバラをデザイン
新しくなったサービスエリアこれからもドライブが楽しくなます。
f0340155_21140970.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-19 21:15 | ドライブ | Comments(18)

f0340155_13000658.jpg
東広島市
酒都 西條酒蔵通り
f0340155_19451997.jpg
8社の蔵元が立ち並ぶ細長い街道を歩けば
f0340155_13030710.jpg
f0340155_13031721.jpg
江戸天保井水
f0340155_13032731.jpg

冥加の水

龍王山から伏流水として流れくる清冽な水
それぞれの蔵元には仕込み水が絶えることなく流れています。
 
f0340155_13041879.jpg
県内で歴史の長い
創業300年白牡丹

f0340155_13035801.jpg
大きな酒樽とラベルなど展示してあります。
f0340155_13041219.jpg
力強い線
何処かで見たような版画に見惚れていると
棟方志功と白牡丹のご縁を聞かせてもらいました。


f0340155_13040669.jpg
素敵なガラス製品は
下の突起を押しあげると清酒が出てきます。
f0340155_13011909.jpg
甘口の多い 広島酒ですが辛口のお酒を得意とする万年亀舎
f0340155_12580877.jpg
レンガ造りの煙突と赤瓦
f0340155_12582500.jpg
f0340155_12581848.jpg

f0340155_12583997.jpg
白壁とナマコ壁が美しい
f0340155_12585153.jpg
f0340155_12590608.jpg
f0340155_12592019.jpg

f0340155_13015703.jpg
f0340155_12591280.jpg
f0340155_13020860.jpg
f0340155_13013910.jpg


f0340155_13013097.jpg
福美人
f0340155_12583315.jpg
f0340155_13010942.jpg
f0340155_13023000.jpg
f0340155_12594100.jpg
f0340155_12593184.jpg
賀茂鶴直営店
フランス屋


 
f0340155_13001409.jpg
1階は洋食
2階は和食
内装も素敵です。

f0340155_13003187.jpg
f0340155_13003721.jpg
新ジャガの味噌焼き
f0340155_13004587.jpg

f0340155_13005251.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-18 21:13 | ドライブ | Comments(14)

6月15日 父の日

娘からのプレゼントでコロリ
満面の笑みは幾つになっても可愛い(#^.^#)

f0340155_19294118.jpg
先日から何故かブログ投稿の方法が変わり手こずってしまいました。
今日は画像1枚でひと休み
明日は東広島市西条酒蔵通りを載せます。
f0340155_20031453.png

[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-17 20:04 | 娘と | Comments(10)

6月9日 花菖蒲園


f0340155_11330168.jpg
久米南町の花菖蒲園に立ち寄ります。
f0340155_11355064.jpg


農道を入っていくと久米南町のマスコットキャラクター『カッピー』
が描かれたマンホール蓋があります。
手には野球ボールとバット

f0340155_11310940.jpg
末常川の砂防ダム下流
f0340155_11324888.jpg
地元の方がお世話している花菖蒲園があります。
f0340155_11321368.jpg
湿地では足元を確認しながら恐る恐る踏み出すのですが・・・・
しゃがみ込んで写し終えると目先に小さなヘビ(@_@;)
逃げていく方向と私との距離を巻き戻してみると
どうも私の足元から逃げて行ったのではと予測します(^_^;)
f0340155_11320391.jpg
いくら短く細くてもヘビはヘビ

f0340155_11313178.jpg
足早に引き返します。
f0340155_11312260.jpg
最後で重たい物をひこずって我が家に向かっています。
f0340155_11315278.jpg
f0340155_11314264.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-16 15:15 | | Comments(14)

f0340155_17341465.jpg
旅の朝食は何故かご飯をお代わり
エネルギー満タンにして今日のコースへと
f0340155_21012628.jpg
日本海の砂浜には砂除けの囲いが美しく組まれています。
そんな景色を楽しみながら

f0340155_21020819.jpg
白兎海岸に着きました。
f0340155_20590958.jpg
砂浜には樹皮がすっかり剥がれ白く晒された流木
f0340155_21013303.jpg
縁結びの神様
f0340155_21014031.jpg
f0340155_21015874.jpg
f0340155_20584295.jpg
白兎神社に着きました。
f0340155_21014995.jpg
f0340155_20594244.jpg
砂の美術館 第7期展示 砂で世界旅行・ロシア編 2015年1月4日まで
娘に推薦され行ってきました。
f0340155_20595564.jpg
キリスト教の受容
f0340155_21000761.jpg
タタールのくびき(モンゴル人の支配の時代)
f0340155_21003481.jpg
エカテリーナ二世とロマノフ王朝

f0340155_21005244.jpg
クレムリンとワシリー大聖堂
f0340155_21021547.jpg
豊かな民族性
f0340155_21022286.jpg
ソビエト連邦時代
f0340155_21023552.jpg
シベリア鉄道と極東の都ウラジオストク
f0340155_21030987.jpg
ロシアイコン


f0340155_21031799.jpg
ナポレオンの撤退
f0340155_22051536.jpg

f0340155_22222660.jpg
f0340155_22044616.jpg
コサックの力

f0340155_21025151.jpg

f0340155_21002133.jpg
f0340155_22262823.jpg
f0340155_21051551.jpg
ロシア民話 大きなかぶ

f0340155_21040849.jpg
鳥取砂丘が望める展望にでました。
f0340155_21032888.jpg
砂と水だけで造る工程を見ることが出来ます。
f0340155_21050586.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-15 21:21 | | Comments(10)

6月8日 三朝温泉

f0340155_1945543.jpg

2011年4月
夫の退職祝いで訪れて以来

料理の細やかさに惚れ今回で3度目の『万翆楼』です。     

f0340155_1946912.jpg

6月夕刻、温泉街を流れる三徳川には蛍が舞い、美しい声のカジカカエルが趣を添える

そんな時季にお得情報の案内状が届きました。

f0340155_19462025.jpg

いつものように早くから予約を入れ
案内状を握りしめ15時チェックイン
お抹茶で迎えられます。

部屋からは三朝橋が眺められます


f0340155_19462848.jpg

今にも降りそうな中へカメラ散策に出かけます。


f0340155_20245431.jpg

三徳川が流れる側に河原温泉と足湯があります


f0340155_1947333.jpg

カジカ橋に向かう散策道を歩いています。


f0340155_19471175.jpg
川音に消される中で立ち止まり耳を澄ませば
軽やかな鳴き声、カジカカエル

f0340155_19471975.jpg

作り物を見ても話を聞いてさえも
カジカカエルはどうも器量よしではなさそうです。


f0340155_19472868.jpg
カジカ橋には『田山花袋』の短歌

f0340155_1947409.jpg

名湯三朝温泉は開湯850年 ラジュム温泉です。


f0340155_19491518.jpg
f0340155_19492486.jpg

f0340155_21294324.jpg
旅のもうひとつの楽しみは料理
季節感を取り入れ目でも楽しめる
御品書きは紫陽花の絵

f0340155_21295852.jpg
食前酒は梨ワイン
f0340155_21301473.jpg

f0340155_21311257.jpg
 
前菜 旬菜彩々
手前の赤い物はヤマモモ

f0340155_21312851.jpg
f0340155_21314327.jpg
栃餅入り茶碗蒸し

f0340155_21344635.jpg


f0340155_21454699.jpg
あごつみれ

f0340155_2146863.jpg
塩辛で味を含ませた車海老と烏賊の石焼

f0340155_21484490.jpg

f0340155_21414713.jpg
20時過ぎました。
イベント『ホタルの夕べ』

f0340155_213554.jpg
カラコロ下駄の音をならしながら
f0340155_21353053.jpg
すっかり暮れた温泉街
f0340155_21354633.jpg
冷たい甘酒と団扇のプレゼント
f0340155_2136218.jpg
三朝温泉マンホール蓋
f0340155_21364249.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2014-06-13 21:48 | | Comments(14)

旅そして散策


by cyaa9090