ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

<   2014年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

5月27日 誕生会

皆さん、憶えてくれていたでしょうか?
f0340155_2055331.jpg

増税前の前倒し誕生祝
夫は娘の要求どおり、ソニー サイバーショットDSC-WX350をプレゼントしました。

私は気を利かせたつもりで
スヌーピー柄の布でカメラ入れを作ったと言うのに
「革のケースが欲しかったのにー」と 好き勝手な事ばかり言う娘です。
                        (3月のブログより)
f0340155_20552521.jpg

5月生まれの娘
お友達が誕生日会を開いてくれました。
娘の要求が叶い念願の
ソニー サイバーショットDSC-WX350カメラ専用革ケース
やっぱり格好いい。
f0340155_20553627.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-29 21:45 | 娘と | Comments(14)
f0340155_20361081.jpg

5月
世の中は母の日イベントで盛り上がり
商魂たくましい流れに例外なく私も踊らされ(^_^;)
f0340155_11262920.jpg

「5月生まれの母は損」と言いつつ
毎年手作りのお弁当とショートケーキのみでしたm(__)m
f0340155_11263913.jpg

でも、でも
今年の誕生日祝いは可愛いくラッピングされたものひとつ
ふふふっ(#^.^#)内緒のものが入っているのです。
f0340155_11265049.jpg

今日のお弁当の中には
12日 雨のお遍路で泣きそうになった気持ちを慰めてくれた水羊羹を1切れ入れてみました。
f0340155_1127074.jpg

そんな事など露ほども知らず
母は「この羊羹美味しい」と・・・・・
f0340155_11271092.jpg

3時のおやつは小さなショートケーキで
ささやかな誕生日会
f0340155_11272390.jpg

またまた母のつぶやきで
f0340155_11273124.jpg

鎌を片手に草刈りは今日も続いています。
雑草の勢いに追いつかず.
実家でのカメラ散策は当分できそうにありません
f0340155_11274096.jpg

5月21日
笠岡ベイファーム  ポピー畑を背景にうだうだ
f0340155_11275287.jpg
f0340155_1128338.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-28 14:10 | 母のこと | Comments(14)

5月21日 バラ茶会 

f0340155_2012637.jpg

今年も丹精込めて咲かせた『バラ茶会』にお誘いを受けました。
f0340155_17163038.jpg

雨上がりの朝は空と空気がバラを輝かせてくれます。
f0340155_1775286.jpg

お花好きのこちらの方の庭には薔薇に似合う草花も咲かせています。
f0340155_2013558.jpg

ピンク系統の多い薔薇の引き締め役は白い花
f0340155_201444.jpg

可愛い花を枝に一杯咲かせた蔓バラ
f0340155_2015125.jpg

鉢植えの薔薇の上には、これから咲こうと蔓を伸ばしています。
f0340155_18564880.jpg

外壁一杯に這わせたスパニッシュビューティーは見ごろをやや過ぎたようです。
f0340155_2032317.jpg

甘い香りが漂う片隅でおしゃべりは盛り上がります。
f0340155_21104370.jpg

お喋りの中から良い刺激を貰って、1歩踏み出そうとの勢いも
あれから5日も経てば気持ちは萎みかけています。
                        (コンパクトデジカメで撮りました)
f0340155_2034017.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-26 19:15 | Comments(10)
f0340155_16158100.jpg

この先はコンビニさえ無いところばかり走ります。
ここで昼食はコンビニのおにぎり
これがまた安上がりで美味しく食べられるので楽しみなのです。
f0340155_16151610.jpg

46番札所・浄瑠璃寺から45番札所岩屋寺まで30㎞所要時間50分
三坂峠を越えていきます。
f0340155_1627554.jpg

標高700m岩屋寺の麓に無人駐車場あり料金箱に300円を入れます。
この先に待つ険しい参道に挑む前
雨に洗われた茶畑の若葉に元気を貰い
f0340155_16172976.jpg

手の届かない位置シャガの群生を眺め
f0340155_16152477.jpg

気付くとすぐ脇にもぽつぽつと咲いています。
f0340155_16283363.jpg

f0340155_16534100.jpg

すっかり溜めた雨滴が美しい山藤とモミジ
f0340155_16302357.jpg

「ねえあんた もうすこし ゆっくり歩いてよ」
こんな言葉を立ち止まって読んでいるうちはまだ序の口
f0340155_16153791.jpg

急斜面を上りきったところに仁王像の石碑が迎えてくれます。
ここで一息、振り向きたくなります。
f0340155_1658138.jpg

降りしきる雨の中、傘を差し足元を濡らし、カメラとお参り道具のショルダーバックを首にかけ
ストック片手に悪条件を承知で黙々と進むのみ。
f0340155_16154715.jpg

長い階段から下りてくる方を待っている間
大きく深呼吸をして息を整えます。
f0340155_16353469.jpg

私は心底泣きたい気分と戦いながら
夫に愚痴のひとつも言いたいと思う気持ちを抑え立ち止まると
不動明王が厳しい形相で剣と縄を持っていました。
f0340155_16451416.jpg

気分を切り替え夫の後姿を追いかけます。
f0340155_16254260.jpg

そそり立つ岸壁に建つ本堂
f0340155_16375637.jpg

f0340155_16183921.jpg

大師堂から眺める山は雨に煙っています。
f0340155_1701363.jpg

標高800mの久万高原の麓にある駐車場は無料
2日間で16カ寺巡って駐車料金は¥6520
f0340155_1642408.jpg
f0340155_16424886.jpg

マンホールの蓋を探しながら山深い参道を歩いています。
f0340155_16433642.jpg

ピンクや黄色のシャクナゲが綺麗です。
f0340155_1644067.jpg

古木の杉林が続きます。
f0340155_1704628.jpg

本堂にも降りしきる雨
f0340155_1705646.jpg

御朱印を受けて帰ります。
f0340155_16473043.jpg

山道を下りて行くと、丸太を積んだトラックが前を塞ぎます。
f0340155_16441430.jpg

高速道に入り上から眺める麦畑が広く長く続きます。
f0340155_16442295.jpg

ワイパーはしきりに左右へと
f0340155_1646342.jpg

讃岐富士は目の前です。
瀬戸大橋を渡る頃いつの間にか寝ていました(-_-)zzz
疲れた体にお土産の水羊羹で気分直しです。
f0340155_171262.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-25 19:15 | | Comments(14)
f0340155_2042723.jpg

朝食は無形遺産になった和食
健康的なメニューです。
f0340155_2253197.jpg

51番札所・石手寺 仁王門は国宝(鎌倉時代)
f0340155_15112527.jpg

道後温泉から1㎞の距離にあります。
f0340155_15113564.jpg

広い境内から望む三重塔
f0340155_15114940.jpg

f0340155_15115748.jpg

12日の天気予報は午後から雨
雲行きを見ながらお遍路は続いて行きます。
f0340155_15122758.jpg

49番札所・浄土寺
f0340155_15123975.jpg

48番札所・西林寺
f0340155_1512553.jpg

f0340155_1513567.jpg

傘は必要ない位ポツポツ当たっていた雨も
11時30分、移動途中の車中からはすっかり雨景色
f0340155_15135391.jpg

47番札所・八坂寺
奉納杓子はアニメ「精霊使いの剣舞」
f0340155_15144770.jpg
f0340155_15145864.jpg

雨に濡れています。
f0340155_1515826.jpg

46番札所・浄瑠璃寺
f0340155_15153338.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-23 22:47 | | Comments(14)
f0340155_1114270.jpg

18時30分 2階レストラン 四季で夕食です。
滝からの流れは2階を潤しながら循環しています。
f0340155_19463164.jpg

食前酒・・・・ 梅酒
先付・・・・ アスパラ豆腐  イタドリ旨煮
イタドリは子供の頃に野っぱらで採り、美味しいと思い食べながら遊んでいました。
大きくなって口にしてみると全く美味しくない
それ以来、半世紀以上食べたことはありません。
それがどうでしょう。
懐かしさを除いてみても素朴さの中、食感、味付けともに絶品でした。
来年は我が家の食卓にも加えたいです。
f0340155_20233272.jpg

造里・・・・ 鯛 才巻 太刀魚
竹の子の器が小粋でした。
f0340155_10454712.jpg

煮物・・・・ 和牛と春レタスのしゃぶしゃぶ
焼物・・・・ 伊予牛の網焼き 
f0340155_1122160.jpg

揚げ物・・・・ ひじきと野菜のかき揚げ
ひじきは夫の故郷、愛媛から1年分送ってきます。
沢山あるひじき料理も揚げ物で食べたことはありません。
こんな料理法を知るきっかけが出来て嬉しいです。
f0340155_1122817.jpg

替り鉢・・・・ じゃが芋すり流し
ありふれた食材、じゃが芋を料理人の腕で巧みに仕上げています。

ご飯・・・・ 竹の子ご飯
留椀・・・・ 田舎味噌仕立て
香の物・・・・ 三種盛り
f0340155_1123586.jpg

水菓子・・・・ 塩小豆プリン
f0340155_1125031.jpg

湯けむりロードを通て日本三古湯のひとつ道後温泉
泉質・・・ アルカリ性単純温泉 かけ流し100%
f0340155_21193266.jpg

20時30分の露天風呂は暗い
f0340155_21213714.jpg

夜、部屋からはライトアップされた松山城が微かに浮かび
いよてつ高島屋9階屋上の大観覧車のイルミネーションがよく見えます。
f0340155_11318.jpg

朝風呂 6時の露天風呂
f0340155_1131342.jpg

いいお湯に浸かって2日目のお遍路が始まります。
f0340155_113222.jpg
f0340155_1135136.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-22 20:00 | | Comments(12)

5月11日 道後温泉街

f0340155_183768.jpg

お宿へ着く前に車中より目に入った風景
それは道後温泉駅から正面遠くに美しく続く石段その奥に風格ある神社
f0340155_183483.jpg

同時にふつふつと湧き上がる写欲を抑えながらまずはチェックイン
f0340155_1842817.jpg

一息入れるのもそこそこに
温泉街を素通りしてあの目的地を目指します。
f0340155_1845480.jpg

伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)と刻んでいます。
f0340155_185360.jpg

一段一段の石段は角の取れた大小不揃いの自然石を整然と築かれ
足元を見ながらの135段も楽しいひと時になるのも不思議です。
f0340155_185123.jpg

こんな気持ちで上り切れた私自身に感心し振り返りましたが・・・・・
やはり、しんどい(^_^;
f0340155_19503356.jpg

本殿と透塀は重要文化財
f0340155_1815374.jpg

朱色の本殿は西日に照らされ眩しく異空間に立ったような錯覚です。
f0340155_1891613.jpg

厳かな気分に浸りながら回廊を歩いています。
f0340155_1892770.jpg

何基かの神輿が奉納されています。
お祭にはこの石段を担ぎ手は勇壮に下りるのでしょうか。
f0340155_2082090.jpg

美しい天女が描かれています。
f0340155_18101318.jpg

上って来た石段正面に広がる温泉街に向かって下りて行きます。
f0340155_1950349.jpg

下りきった所にこんな素敵なカフェがあったのも今気付きました。
f0340155_1950166.jpg

観光客で賑わう道後温泉本館を絶景ポイントより
f0340155_19502850.jpg

ピンクのボンネットバスは無料だとか・・・・
f0340155_20242022.jpg

18時 温泉街に時を知らせる太鼓が響き渡ります。
f0340155_19504575.jpg

夕食時間18時30分 商店街を抜け宿に向かいます。
f0340155_1951073.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-21 20:45 | | Comments(8)
f0340155_2041127.jpg

59番札所・国分寺から
54番札所・延命寺までは移動時間は少なくて午前中までには6カ寺巡りました。
f0340155_20415778.jpg

昼食後
延命寺から円明寺までの距離は38㎞約60分の所要時間です。
f0340155_2047361.jpg

55番札所・太山寺本堂までは駐車場から
ひんやりとした空気が心地よい竹林を抜け
f0340155_2048719.jpg

f0340155_1073668.jpg

木漏れ日を受け輝く若葉やモミジ
f0340155_2048155.jpg

しずくを溜めた雪の下を楽しみながら坂道を上っていきます。
f0340155_20523152.jpg

会釈をして山門を入ると
f0340155_10172737.jpg

f0340155_1025773.jpg

国宝
太山寺本堂は鎌倉初期建築物で本瓦の色合いの美しいさに見惚れてしまいます。
f0340155_10215145.jpg

今回のお宿は道後温泉、道後館
f0340155_20543399.jpg

建物は世界的に有名な建築家・黒川紀章のものです。
f0340155_10292635.jpg

赤い欄干橋が架かるロビーは
江戸期の蔵屋敷をイメージした造りです。
f0340155_2372883.jpg

中央には吹抜けの2階からゆるやかに流れる滝。ロビーを巡る川のせせらぎ
自然の中に身を置いたようなゆっくり寛げる空間
f0340155_2374697.jpg

6階の部屋に案内されお菓子とお茶で迎えられました。
部屋からは小高い位置に松山城が見えます。
f0340155_2113655.jpg

夕食までの空き時間を温泉街に出てみます。
[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-20 10:40 | | Comments(14)
f0340155_16283318.jpg

4月
瀬戸大橋を渡り、桜を楽しんだお遍路でした。
f0340155_16284184.jpg

5月
新緑を楽しむお遍路は59番札所・国分寺(今治市)から始まります。
f0340155_16292213.jpg

しまなみ海道を渡ります。
f0340155_16284820.jpg

早朝出発、走り続けること2時間余り
f0340155_22121081.jpg

8時30分来島海峡サービスエリアで一休み
安全運転を心がけます。
f0340155_163336100.jpg

9時  59番札所国分寺に着きました。
f0340155_16335811.jpg

大きなナップサックとロール状に巻いたマットを背負い
すっかり日焼けした若い二人のお坊さん
歩き遍路はひとつの修行なのでしょう。
f0340155_1634772.jpg

ほら貝を吹き、腹の底に響くような声で念仏を唱えています。
f0340155_16341967.jpg

標高300m 58番札所・仙遊寺
11日雨の予報はずれ
弘法大師像にモミジの影が映るほどの晴れ
f0340155_16342966.jpg

フジの花も綺麗です。
f0340155_16344079.jpg

どんな可愛いお方が描いて供えたのでしょうか。
次回私も真似たいです。
f0340155_1549169.jpg

f0340155_16351436.jpg

シャクナゲと新緑のモミジと優しいお顔
f0340155_16353861.jpg

57番札所・栄福寺
f0340155_1057095.jpg

小高い所からは今治の街が望めます。
f0340155_16355190.jpg

お接待を受けます。
ひとつだけ残っていたタヌキの最中は夫と半分っこ
お茶
f0340155_163625.jpg

55番札所・南光坊
松尾芭蕉の詩 ものいへは唇寒し秋の風
f0340155_16361743.jpg

54番札所・延命寺
f0340155_16391977.jpg

お遍路道を走っていると食事処はいい具合に巡りあわない事が多いです。
そんな中、素敵なイタリアンのお店
11時30分前、少々早めの昼食です。
f0340155_11125531.jpg

f0340155_1191733.jpg
f0340155_1192882.jpg

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-17 10:54 | | Comments(14)
f0340155_16163510.jpg

郵送された娘から母の日プレゼントを開いてみると
笑顔のようなひまわりと2色のカーネーション♪
f0340155_16165564.jpg

庭に咲くピンクのカスミソウとラベンダーを添えて
窓辺に置いてみました。
f0340155_16171750.jpg

そして、私から母の日プレゼントはプリン詰合せを郵送しました。
f0340155_19363618.gif

お礼の電話が鳴りました。
f0340155_1937783.gif

配達員さんがおばぁちゃん誰からと尋ねたそうです。
母「娘からじゃ~」
配達員「おばぁちゃん、よかったな~」
と言ってくれたそうです。
配達員さん一言声掛けありがとう。
f0340155_1927454.jpg

今朝6時30分我が家を出てお遍路に出かけました。
f0340155_22583456.gif

[PR]
by cyaa9090 | 2014-05-11 11:11 | 娘と | Comments(18)

旅そして散策


by cyaa9090