ひまわりと猫大好き

cyaa9090.exblog.jp

旅そして散策

カテゴリ:ドライブ( 54 )

f0340155_14035619.jpg



牛窓町にある瀬戸内市立美術館です。
f0340155_14040290.jpg


デビュー30周年記念 『さくらももこの世界展』
平成27年12月5日から平成28年1月24日まで

やっと最終日に間に合いました。

f0340155_14040740.jpg
「日本のエーゲ海」とよばれる牛窓の海を見ながら
ホテル リマーニーの地中海レストランで昼食にしたかったのですが
残念にも平成28年3月31日まで改修工事中でした。


f0340155_14041270.jpg

それならばと
雑誌で見かけたイタリアンレストラン『ロッサ』をやっと探しだすと
海が望める最高のロケーション
1時間待ち、何ともついていません。

f0340155_14041698.jpg

16時に逢う約束があるので
今日はゆっくり待つ時間などありません。

f0340155_14042158.jpg
牛窓を離れ
Jolly-Pastaへ

f0340155_14042697.jpg

可愛いグッズばかり
娘が買った物は

f0340155_14033489.jpg

パンチラだって可愛い―  m(__)m


f0340155_19410147.jpg





[PR]
by cyaa9090 | 2016-01-25 14:50 | ドライブ | Comments(16)

12月22日 笠岡へ

(@_@;)

f0340155_18364575.jpg
市場のお姉さんがこれ写してと言うので
みっともない顔揃い、見たことも無いいきもの
1匹を見るとなんとよく知る○○
クイズ○○ 魚の名前は?
f0340155_18390503.jpg
大島美の浜漁協の朝市
鮮魚を求めに笠岡まで
真鱈の白子が出始めました。


f0340155_18365243.jpg


続いて笠岡ベイファーム道の駅へ


f0340155_18365772.jpg




f0340155_18370345.jpg
12月に入るとタイラギ漁解禁
そのまま生で食べたり、ムニエルにしたり大好物

f0340155_18370944.jpg

f0340155_18342111.jpg


菜の花が咲いていると聞いて立ち寄ったのですが
来てびっくり
まだまだ咲くには程遠い

目を先に移すと、ずーと西に黄色い帯


f0340155_18343752.jpg
車で移動します。

f0340155_18344474.jpg
f0340155_18345365.jpg


f0340155_18371492.jpg

冬は花畑が少ないからなのか
ミツバチが沢山飛び回っています。

f0340155_18372895.jpg


f0340155_19210700.jpg
昼食は帰り道
かっぱ寿司で冬の軍艦巻きは白子、鮟肝

f0340155_14383689.gif


[PR]
by cyaa9090 | 2015-12-27 14:38 | ドライブ | Comments(15)


f0340155_19423265.jpg

すっかり恒例になった
岡山後楽園 『秋の幻想庭園』 夜間特別開園
11月20日から29日まで

f0340155_19394645.jpg


岡山市の日の入り時間 16:54
入口のモミジはライトアップされると鮮やかさを増します。




f0340155_19423899.jpg


その少し先、色とりどりの照明が綺麗です。
近くに寄ってみると、小学生が白い紙袋に思い思いに描いた絵でした。


f0340155_20123750.jpg

広い芝の上にはダイナミックな生け花



f0340155_19424348.jpg
f0340155_19395895.jpg


老朽化で葺替工事 の終わった延養亭に灯りが入りました。

f0340155_19395344.jpg
白い障子に映す影




f0340155_20141773.jpg

花葉の池に映すモミジ




f0340155_19425042.jpg


旭川の水を取り入れた流れは
園内を潤す曲水に沿ってイルミネーションで輝きます。

f0340155_19433049.jpg




                唯心山を前に照らし出されたモミジ


f0340155_19400324.jpg

             『千入の森』のモミジは照らし出され色を増して見えます。


f0340155_19431449.jpg

説明はこれ位にしてこの日の出来事を聞いてください。

足元が暗くなりかけた頃
いつ来ても掃除の行き届いた庭園で
雑踏の中それは踏まれるでなく、2m先程に小さな塊が目に入ったのです。



f0340155_19430740.jpg

ゴミなのかな?何だろう?と近寄ってみると
可愛いキャラクターに取りつけた鍵でした。


f0340155_20140817.jpg

            28日のイベントは『能舞台 栄唱の間』にて
           『ユニット妖』 オカリナと和楽器演奏です。


f0340155_19433716.jpg

前を歩くカップルに
鍵を見せながら「貴方の落し物ではありませんか?」と尋ねてみました。

若者はポケットに手を入れると、スマホを出し
次はおもむろに鍵を取り出すと、言葉を発するでなく無言で見せたのです。


f0340155_19434873.jpg

持ち主ではなさそうなので
「貴方の落し物では無かったのですね、ごめんなさい」



f0340155_19435857.jpg

すると若者はカタコトの日本語で「ありがとう」
どうやらアジア系の観光客のようです。
改めて顔を見直しても日本人との区別はつきません。

f0340155_19440760.jpg

少しの出来事に振り向くと
私が走り寄る前の位置は変わらず
夫は幻想庭園に気を取られファインダーを覗いています。



f0340155_19441633.jpg

持ち主の見つからなかった鍵を見せて
一部始終を話しました。

f0340155_19442401.jpg

車かオートバイの鍵らしいと言う夫


落し主は、たとえ落したことに気付いてもこの暗い中、探し出すことは難しいでしょう。

f0340155_19443860.jpg

落し主の困った顔が浮かびます。
受付まで届けます。




f0340155_19445020.jpg
烏城 桃源郷を見ると既に8時前




f0340155_20021254.jpg


園を出る時
落し主は鍵を受け取ったのだろうか?と
気がかりになりました。

f0340155_19445860.jpg





[PR]
by cyaa9090 | 2015-12-08 19:33 | ドライブ | Comments(10)

f0340155_19104032.jpg


今シーズンの紅葉狩り
近場の名所に訪れる機会に恵まれませんでした。



f0340155_19075269.jpg


見ごろを過ぎているのも承知の上でやってきましたが
思いのほか愛でる人の多いのに驚きました。
紅葉の終わりを楽しみにやってきたのは、誰しも同じなのかも知れません。



f0340155_19080194.jpg


訪れたところは北政所「ねね」ゆかりの足守

                   

f0340155_19080828.jpg

旧足守藩・木下利玄の大名庭園『近水園(おみずえん)』




f0340155_19081481.jpg

庭園に入ると正面に真っ赤モミジ
庭園に彩りを残してくれています。



f0340155_19102518.jpg
f0340155_19104032.jpg





f0340155_19151900.jpg
f0340155_19103271.jpg

                
f0340155_19114479.jpg

大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らしている
小堀遠州流の池泉回遊式庭園


f0340155_19112248.jpg

いい所を探しながら廻ってみます。

f0340155_19110007.jpg
f0340155_19112248.jpg
f0340155_19594569.jpg


足守川から引き込んだ水路沿いに沿って『利玄の道』

f0340155_19091517.jpg

2011年、修復された
木下利玄生家・長屋門
f0340155_21511039.jpg
f0340155_19082107.jpg




f0340155_19495992.jpg

シンボルの大イチョウはすっかり落葉しています。

f0340155_19084927.jpg

水路を挟んで向う側
モミジを撮っていると見慣れぬ立て旗が風に揺れています。


f0340155_19083981.jpg

おや?何やらイベントがあるようです。


f0340155_19333179.jpg

水路を渡って正面玄関に廻ってみます。


f0340155_19112880.jpg

今げもの
へうげもの

f0340155_19085804.jpg


陶芸作家の展示会のようです。

f0340155_19090693.jpg

個性的な作品を鑑賞させて頂きました。

f0340155_19092600.jpg



f0340155_19082992.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-12-05 20:33 | ドライブ | Comments(18)


f0340155_12441214.jpg


高梁川沿いを新見に向けて走っています。
いつもの寄り道は高梁川に架かる橋を渡り
ひと畑だけ残る蕎麦畑へ
今年は蕎麦は植えられてなく枝豆畑が広がっているだけ

f0340155_12441802.jpg

f0340155_12445295.jpg

空に描かれた飛行機雲


f0340155_12442882.jpg

上空は秋風で掃かれたようなすじ雲
f0340155_12443644.jpg
JR伯備線と並行したかと思うと
トンネルに入り山側に逸れてしまいます。

f0340155_12510466.jpg
一条の絹衣『絹掛の滝』
f0340155_12444461.jpg
不動明王が祀られています。

f0340155_12450192.jpg
新見市草間
そば道場『田舎屋』
f0340155_12451173.jpg
f0340155_21485395.jpg
デザインマンホール蓋
新見市
高梁川の源流に位置し鮎やアマゴの渓流釣りが楽しめます。
貴重な湿生植物が見られる鯉ヶ窪湿原があります。
名産 ピオーネ


f0340155_13443113.jpg

草間台 大原、立石地区
f0340155_14365668.jpg
果樹園が広がり
f0340155_14361521.jpg

f0340155_12500780.jpg


f0340155_12504305.jpg
広大な蕎麦畑には可愛い花が満開です。

f0340155_12451949.jpg
f0340155_12460836.jpg
f0340155_12452726.jpg
f0340155_15152407.jpg

f0340155_13123567.jpg
天日干しはお米の風味や甘味が増し美味しいお米になります。
かさがけの風景もだんだん見られなくなりました。



f0340155_12455778.jpg


f0340155_13080720.jpg
新見美術館
f0340155_12463497.jpg
f0340155_12462565.jpg


f0340155_12461704.jpg
柄でもないのですが、芸術の秋を先取りに訪れます。
f0340155_12464511.jpg

高台に建つ美術館から
新見駅を望むと特急『やくも』が入ってきました。
f0340155_12465250.jpg
伯備線 普通電車の起終点



[PR]
by cyaa9090 | 2015-09-18 14:49 | ドライブ | Comments(12)

f0340155_11065221.jpg

鳥取県江府町御机
奥大山
元気色のひまわりは美しい姿を保っています。




f0340155_19112937.jpg


f0340155_19113586.jpg
コスモスが咲き
季節は秋へと
       
                   

f0340155_20003430.jpg

畦の斜面に倒れ埋もれるように咲いていた芙蓉
色にひきよせられます。
f0340155_20005260.jpg


f0340155_19114125.jpg
大山南壁を背景に広がる田園風景ですが
今日はその雄姿を見ることはできません。
f0340155_19114839.jpg


f0340155_19115725.jpg

桝水高原にやってきました。
f0340155_19120426.jpg

メェ~と歓迎してくれます。

f0340155_19124390.jpg


晴れなら隠岐島まで望める天空リフト

f0340155_19122394.jpg
桝水高原から見る大山は別名『伯耆富士』なだらかな山麓が伸びていますが
雲は頂から垂れ込めその優美は見られません。

f0340155_19121460.jpg


リフトに乗る機会にはなかなか恵まれないでいます。


f0340155_19123340.jpg
こんな天候ですが
高原に咲く花々に舞い遊ぶ蝶々に誘われるように
私は年齢を忘れ、太陽光不足も忘れてシャッターを切り続けます。
f0340155_19130390.jpg
f0340155_19225986.jpg

あらゆる所でマツムシソウが咲いています。


f0340155_19234379.jpg
f0340155_22364057.jpg

f0340155_19235127.jpg

f0340155_19240497.jpg
f0340155_21595775.jpg
広角レンズで大きく捉えました。

f0340155_19232478.jpg
f0340155_19233555.jpg
f0340155_11070134.jpg
溝口に広がる田園風景を高速道より写します。

f0340155_19131353.jpg
急に大粒の雨がフロントガラスに打ち付けます。
f0340155_21322640.jpg

ワイパーはひっきりなし


f0340155_19143167.jpg

道路脇に建つ小屋で求めた
蒜山完熟トマトは↑ジャムと↓月桂樹で香りつけケチャップに
f0340155_19143734.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-09-06 21:46 | ドライブ | Comments(15)

8月29日 蒜山へ

f0340155_20234574.jpg
グレーの雲に覆われている中
高速道を北に向け走らせています。


f0340155_20235200.jpg

蒜山サービスエリアからも
尖がった烏が山がうっすらと見えるものの
大山は確認できません。

f0340155_19503283.jpg
すっきりしない空模様の中、出掛けた目的は席待ちしても食べたくなる
             【叉木】の蕎麦

f0340155_19572918.jpg

道の駅『風の家』蒜山大根が出ていました。
f0340155_19574185.jpg

一面白い花で広がる蕎麦畑はもう少し先
f0340155_19574887.jpg

f0340155_20022757.jpg

冷泉茶屋から100mほどぶらぶら歩いていると
f0340155_19580512.jpg
                   ぶらさがったアケビの実を見つけ

f0340155_20023255.jpg
塩釜冷泉に着きました。
                  
f0340155_20024274.jpg
                 水温11度、毎秒300ℓの
                  伏流水が湧き出ています。

f0340155_19581317.jpg
f0340155_19583074.jpg
              水路を流れる清水は下流の養魚場に流れ
              美味しい川魚が育ちます。


f0340155_19583909.jpg

中蒜山登山道入り口には
取水場があります。




f0340155_19585818.jpg

中蒜山の山麓標高520m
山紫陽花は色あせず綺麗なまま

f0340155_19590757.jpg



f0340155_19584902.jpg

f0340155_19593353.jpg
                       石の彫刻広場『万成平』
f0340155_20024711.jpg
キャンプ地が広がっています。
f0340155_20000868.jpg
ブナの森が続く『蒜山大山スカイライン』を走り


f0340155_20281493.jpg

鬼面台展望休憩所へ

f0340155_20021011.jpg

標高869mに吹く風で穂が揺れる
ススキの群生地

f0340155_20021769.jpg

早い秋の訪れです。

f0340155_20025309.jpg

f0340155_19594446.jpg
吾亦紅♪
f0340155_19595673.jpg

鍵掛峠からはうっすらと大山南壁が見えています。


[PR]
by cyaa9090 | 2015-09-04 12:31 | ドライブ | Comments(12)


f0340155_19350904.jpg

28日はゆかたDay
17;00からゆかたで来園すると入園無料です。

f0340155_19351579.jpg
岡山後楽園
夏季夜間特別開園 【幻想庭園】
期間 8月1日ー31日まで

f0340155_14003838.jpg
夏季夜間特別開園も終わりに近づく28日
招待券を頂き夕暮れ前に出かけることにしました。

f0340155_19415613.jpg
暑かった夏も日暮れる頃になると
体に感じる空気は心地よくなりました。

f0340155_13324518.jpg
夏色のノーゼンカズラ


f0340155_14005293.jpg

秋を代表する萩も咲いています。


f0340155_19420935.jpg

今日はゆかたDay

f0340155_13315572.jpg

稲も実りつつ



f0340155_20331864.jpg
合席をお願いして混雑のテーブルを囲み
【みさお牧場】のジェラートを食べながら夕涼み
f0340155_13331732.jpg

夕焼け小焼けで日が暮れて♪
合席のシニア男性はカメラを持って灯った幻想庭園に消えて行きました。
f0340155_14030103.jpg

話は変わって
f0340155_14031228.jpg



相変らず満席の中
カップルが席を探しているようです。

f0340155_19421610.jpg

夫「こちらが空きますからどうぞ」と立ち上がり席を譲ろうとしました。
カップル「ありがとうございます」
そんな会話を交わし私も席を立つや否や
後ろから素早く割り込む1人のおばさん
f0340155_19363314.jpg
見るとさっきから空きテーブルを探しウロウロしていた
ブラウスの派手なあのおばさん。
f0340155_14032148.jpg
譲ったカップルに私が最初から後ろにいた等とこじつけ
追い払う言葉を言っています。

f0340155_14040793.jpg


そんな言葉を聞きながら私の耳はダンボ状態のまま
灯った幻想庭園へ消える前に振り向くと
カップルは立ち上がり席を離れる所でした。


f0340155_14042061.jpg

夫に一部始終を教え
「こんな事になるのならカップルが席に座ったのを確認して
席を立てば良かった」

f0340155_19352131.jpg

こんな場面に出くわすと
私まで憤慨します。
f0340155_20452560.jpg


無駄話をしているうちに・・・・
f0340155_19353896.jpg

月見橋から円筒形の建物シンフォニーホール
旭川沿いに映る揺らめく灯りを写し
烏城灯源郷を楽しんでいます。


f0340155_14123059.jpg
漆喰の塀に映る枝葉


f0340155_19353340.jpg
f0340155_19355806.jpg
f0340155_19360609.jpg

f0340155_19364286.jpg


[PR]
by cyaa9090 | 2015-09-01 20:25 | ドライブ | Comments(10)

f0340155_16320781.jpg
日々猛暑が続いている倉敷を離れて
1時間45分
奥大山 鏡ヶ成に着きました。

気温26℃

f0340155_16283747.jpg
休暇村前に広がる芝生広場

f0340155_16254187.jpg


緑と深緑が目にも鮮やかです。



f0340155_16255130.jpg
ひとつ深呼吸して傾斜を下りると


f0340155_19271382.jpg


樹木が作る日陰で、其々の時を憩うかのようにシートを広げる中に
私達も1本の木陰に入ります。

f0340155_16285717.jpg

台風の影響なのか
芝生の色を変えながらさわさわと風は走り抜けます。

f0340155_16314172.jpg


しゃぼんだまも風に流され消え去ります。


f0340155_16315532.jpg
f0340155_16282741.jpg

木陰で寝転ぶ夫を残して、ひとり散策はスローペース

f0340155_16321698.jpg
スローペースを楽しめるのは
下界の暑さから一瞬でも逃げ出せるから・・・
f0340155_16323246.jpg
このわずかな時間に心身ともに浸りたいから

f0340155_16284830.jpg
楽しみに訪れたコオニユリのオレンジ色を目指して近寄って見ます。
昨年よりめっきり花は少なくなっています。

f0340155_16300819.jpg



風で揺れる揺れる


f0340155_16301764.jpg
f0340155_16302784.jpg
f0340155_14350566.jpg
f0340155_16295912.jpg

バイケイソウと奥にオオバギボウシ
f0340155_16294771.jpg

f0340155_16260025.jpg

芝生広場を1周してきました。
f0340155_16260910.jpg
1人散策は勇気がいる
象山前に広がる湿地帯ですが
綺麗に刈りとられた草原の中
目線を数m先におき、足元を注意しながら進んでいくことにします。
f0340155_16305556.jpg
ノハナショウブもまだ残っていました。
f0340155_16262063.jpg

木道まで来ればやや安心
夫はまだ後追いしてこないのだろうかと
振り返るととんがり帽子の様な烏が山
f0340155_16310613.jpg

足元では蝶の戯れ


f0340155_16312262.jpg
夢中になって蝶を撮っていると
「いつもヘビを怖がるのに湿地帯に一人でよく入ってこれたな~」と
夫の声

f0340155_16313188.jpg

寝転んでいても寒くなってすぐ目覚めたと言います。


f0340155_16293808.jpg
十分涼を満喫したので鏡ヶ成を後にして


f0340155_16304483.jpg
f0340155_14333482.jpg

私の好きな高原のドライブコースを選んで帰ります。
f0340155_14335531.jpg
f0340155_14340661.jpg
f0340155_14341541.jpg
f0340155_20102688.jpg


f0340155_14342280.jpg
f0340155_20090650.jpg




[PR]
by cyaa9090 | 2015-08-05 14:25 | ドライブ | Comments(6)
f0340155_19474507.jpg

外はギンギン真夏の太陽が照りつけます。
食料品の買い出しもできるだけ控えてしまう此の頃

f0340155_19475141.jpg

そう言いながらも
昨年と同じ7月26日 高速道を蒜山に向け走っています。
正面に大山(南壁)が見えてきます。

f0340155_19475622.jpg
下り蒜山サービスエリアに着きました。
f0340155_19480169.jpg
ぽっかり形良い雲
赤い屋根の上り蒜山サービスエリアが見えます。


f0340155_19480603.jpg

ベンチで休む人は見られません。

f0340155_11470545.jpg

蒜山ICを下りると左折


f0340155_19523981.jpg

十割蕎麦の『叉木』
日曜日 11時 県外ナンバーで既に満車
夫の好きな香りを味わえる玄粉蕎麦は売り切れ
私の好きな甘味を味わえる丸抜き蕎麦大盛りを注文します。

f0340155_19481191.jpg

白いスイートコーンを求めて
ノーゼンカズラが目印のひるぜん農園へ

f0340155_13134776.jpg

下蒜山を背景に牧草ロールが転がっています。

f0340155_19481704.jpg
f0340155_19471516.jpg
ビニールに包まれ白く化粧されると
味わいが失せてしまいます。

f0340155_19472028.jpg
紫陽花がまだまだ綺麗な色を残し
f0340155_19485842.jpg

ハイキング途中で休憩する大勢の人に引き寄せられ
八束自然牧場公園へ立ち寄ります。
f0340155_19482473.jpg
緑の木陰はいかにも涼しげです。
f0340155_19490368.jpg
パン屋さん

f0340155_14210724.jpg
何処から飛ばされてきたのでしょう。
赤い漆の葉
影も魅力的でした。
f0340155_19490915.jpg
f0340155_14275410.jpg
優雅に涼しげに泳ぐのは鯉だけ

f0340155_19491704.jpg
白い小さな花の群生
f0340155_19492265.jpg
f0340155_19492902.jpg

鬼面台展望台より大山を望む
f0340155_16050801.jpg
こちらで鳥取スイカが安かったので、つい買ってしまいました。
f0340155_19493356.jpg
奥大山 鏡ヶ成へ向かいます。


[PR]
by cyaa9090 | 2015-08-01 14:30 | ドライブ | Comments(10)

旅そして散策


by cyaa9090